3C分析とは?やり方やswot分析との違いは?

3C分析 育成

3C分析は、市場の関係性を理解するために使われる フレームワーク。

顧客との良好な関係を築くときには、3C分析を用いた戦略が効果的です。

今回は、3C分析の意味や取り入れ方、swot分析との違いを解説していきます。

3C分析とは?

3C分析とは?
3C分析とは、自社、競合、顧客のそれぞれを分析して戦略を考える手法です。

3Cコンセプトを考案したのは、経営コンサルタントの大前研一さんです。

3Cは「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、「Company(自社)」の頭文字をとっています。

▼3C分析
Customer…市場・顧客
Competitor…競合
Company…自社

インターネットで顧客との優良な関係進めるためには
3C分析でマーケティング環境を把握することが大切です。

「Company」,「Customer」,「Competitor」それぞれの意味は?

企業=自社(Corporation)、顧客(Customer)、競合相手(Competitor)を意味しています。

経営戦略の立案には3つの立場を考慮に入れる必要があります。

3C分析の読み方は?

3C分析の読み方は、「さんしーぶんせき」です。

3C分析を行う目的やメリットは?

3C分析を行うと、事業の進行方向が見えてくるのが最大のメリットです。

外部要因である市場と競合、内部要因である自社を照らし合わせると、自社の強みと弱みが見えてきます。

市場や顧客のニーズの変化、競合は顧客の変化にどう対応しているか、を踏まえて自社が成功できる要因を見つけることができます。

3C分析を行うためのテンプレートも

3C分析を行うためのテンプレートを使うと気軽に導入するきっかけになります。

市場環境・顧客分析にて、業界の市場規模、市場の成長性、顧客ニーズ、顧客の消費行動・購買行動を
把握しましょう。

3C分析のやり方

3C分析のやり方は、まず市場・顧客の分析から行います。

マクロ分析、ミクロ分析、顧客分析の3つの手法を用いると効果的に分析を進めることができます。

顧客の価値観やニーズにどれくらい影響を与えているのかを検討し、具体的な購買・使用行動を把握しましょう。

自社分析を行う際の項目やポイント

3C分析で自社分析を行う際の項目やポイントは事実を集めること。

3C分析の情報収集は、「事実」と「解釈・意見」は明確に区別して整理しましょう。

顧客・市場分析を行う際の項目やポイント

法人営業・BtoBマーケティングでは、顧客業界の3C分析が必要です。

マクロ分析やミクロ分析で得た情報から顧客分析すると、顧客の価値観やニーズにどう影響を与えているのか、具体的な購買意欲を把握することができます。

競合分析を行う際の項目やポイント

競合分析を行う際は、競合が市場の変化に対してどう対応しているか分析しましょう。

製品の開発、仕様、製造工程、販路、物流、マーケティング、営業、サポートなど、仕組み(バリューチェーン)を調査します。

3c分析とswot分析

3c分析とswot分析
3C分析では、マーケティング環境に関わる事実情報が分かり、SWOT分析の解釈の元となります。

swot分析とは? 3c分析との違い

SWOT分析(スウォット分析)とは、強み、弱み、機会、脅威の4つを組み合わせて分析することで、事業課題を発見することです。

▼SWOT分析
Strength…強み
Weakness…弱み
Opportunity…機会
Threat…脅威

SWOT分析では、弱みを含めて現状を整理の意味合いがあり、その上で3C分析によって具体化して戦略策定をしていく流れとなります。

swot分析のやり方

SWOT分析では、市場や業界の変化に対して、自社が競合よりも優位にビジネスを進めことができるかを明確にします。

SWOT分析は、まず機会(O)と脅威(T)の外部環境の分析から始めてから内部分析へと進みます。

市場や自社をとりまく環境にどんな変化があるか、
他社はどのように対応しているか外部分析します。

外部分析の結果が明らかになると、自社に与える影響
が見えてくるでしょう。

swot分析のデメリットや注意点など

SWOT分析は、自社の強み、弱みなどは相対的な評価となり、複数人で進めると認識のズレが発生するのがデメリットと言えます。

自社について分析をするので自己判断になってしまい客観的にとらえることが難しいのです。

対策としては、顧客のプロファイルを明確に特定できればズレを抑えることができるでしょう。

3c分析の事例

ここからは3c分析の成功事例を見ていきましょう。

スターバックス

顧客目線からスターバックスの3C分析を行った結果を見ていきましょう。

コーヒーがおいしくおしゃれ、居心地が良い、高級感があるという強みがあり、庶民的ではない価格という弱みがありました。

競合のドトールはコーヒー1杯180円と庶民的な価格、タリーズコーヒーは明確な違いがありません。

3C分析以外のフレームワーク

3C分析以外のフレームワーク
ここからは、3C分析以外のフレームワークも一緒に抑えておきましょう。

4C分析

4C分析は、お客様の視点に立った分析であることが特徴です。

▼4C分析

Customer Value…顧客価値
Cost…顧客コスト
Convenience…利便性
Communication…コミュニケーション

4P分析

  
4P分析は、マーケティング戦略の立案・実行プロセスです。

▼4P分析

Product…製品
Price…価格
Place…流通
Promotion…販売促進

マーケティング環境分析とマーケティング戦略の実行と評価に役立ちます。

STP分析

STP分析とは、自社が生き残っていくためにどの市場でどう価値を提供していくか分析します。

▼STP分析
Segmentation…市場細分化
Targeting…標的市場の決定
Positioning…自社の立ち位置の明確化

PEST分析

PEST分析とは、マクロ環境分析を網羅的に洗い出せるマーケティングフレームワークです。

▼PEST分析
Politics…政治
Economy…経済
Society…社会
Technology…技術

AISAS

AISAS(アイサス)とは、インターネットを活用し消費者が認知してから購買に至るまでの消費者行動モデルです。

▼AISAS
Attention…注意
Interest…興味
Search…検索
Action…購買
Share…情報共有

まとめ

3C分析のまとめ
今回は、3C分析の意味や進め方、SWOT分析との違いについてご紹介しました。

現代は、インターネットが急速に発達し、消費者の購買行動が変わってきています。

企業と顧客のコミュニケーション方法にも変化が求められているのです。

SWOT分析は内部分析と外部分析に分解できるマーケティング手法です。

市場や顧客のニーズの変化、競合は顧客の変化を分析して自社が成功できる戦略に役立てましょう。