意識改革とは? 推進する方法や成功事例などを紹介

意識改革の記事

会社組織の中で何らかの問題が起きた時は、意識改革を推進する絶好のタイミングです。

目まぐるしいビジネス市場の変化に対応するために
意識改革は経営戦略の一環となります。

今回は、企業における意識改革を推進する方法と企業の成功事例を参考に見ていきましょう。

目次

意識改革とは?

意識改革とは?
意識改革とは、従来の価値基準では物事が上手くいかない時に、従来の考え方や取り組みの姿勢を新しいものに変えるという意味があります。

意識改革の意味

意識改革とは、従来の物の考え方、仕事に対する取り組み、姿勢、判断基準を新しいものに変えることです。

従業員が自ら問題を見つけ出そうとする意識、自ら解決策を探る意識に変化していきます。

意識改革の類語は?

「意識改革」は類義語で「意識変革」があり、どちらも従来の考え方、関心、取り組みの姿勢など、新しいものに入れ替えて意識を改革することです。

意識改革が重要視されている背景

急速に変化する企業を取り巻く外部環境において、企業は柔軟に意識改革をし、適応する能力が求められます。

チームを統率する管理職やリーダー層が意識改革することで、部下の能力を引き出し、可能性を最大化に繋がるでしょう。

意識改革を行うメリット

意識改革を行うメリット
意識改革を行うメリットは、経費削減や生産性向上など業務効率の改善になることが挙げられます。

パターン化した業務が蔓延化した職場環境では、無駄な仕事も多く見られ、社員一人ひとりの意識革命が求められます。

今までのやり方を見直すいいきっかけになる

経営者がどれだけ企業理念をを謳っても、組織文化は言葉だけで成り立つことはありません。

従業員一人ひとりの業務態度、成果を高めるために意識変革を推進して、今までのやり方を見直すと効果的です。

生産性向上や売り上げUPにもつながる

これまでのやり方や判断基準では目標売上が見込めないと判断される場合は、意識改革が必要です。

社員一人ひとりが考え方、方向性を見直すことで無駄な業務がなくなり、生産性向上や目標売上の達成に近づきます。

社員の働きやすさUPにもつながる

近年は、ワークライフバランスに伴う柔軟な働き方が注目されています。

組織的な意識改革を行うことで、年次有給休暇の消化率アップ、時間外労働の削減、従業員が活躍しやすい環境が整えられるでしょう。

意識改革を行う方法と注意点

意識改革を行う方法と注意点
意識革命は、会社全体で取り組むことで多くのメリットや成果が期待できます。

ここからは、意識改革を行う方法と注意点を見ていきましょう。

まずは現状をしっかりと把握する

意識革命をする前に、会社の現状を把握し、理想像を具体的に分かりやすい言葉で従業員に示します。

現場の課題や問題を理解した上で、望ましい理想像を明確にするのことが大切です。

現場で働く社員の声にしっかりと耳を傾ける

社長や管理職が理想だと思っているイメージは現場の従業員とズレがある可能性もあります。

意識革命は、現場で働く従業員の希望や意見に耳を傾けて、理想像を共有しなければなりません。

管理職層や人事部スタッフは、現場にいる従業員は
現状を把握しているか、目的意識が共通しているか確認しましょう。

意識改革を行う際の注意点

意識改革を行う際は、会社全体で一気に行うよりも、上から順番に進めていくやり方が効果的です。

強制的にならないように従業員の自発的な変化を促し、無理のない意識改革を進めていきます。

意識改革のための社員研修をする場合、決して押し付けにならないように自発的な改革を促すのが望ましいです。

意識改革の成功事例

意識改革の成功事例
ここからは、企業の意識改革の成功事例を見ていきましょう。

1. サイボウズ

2017年1月、サイボウズは選択型人事制度の後継である「新・働き方宣言制度」の策定プロジェクトを
推進しました。

サイボウズは「働き方の問題は会社が決めて社員が従うのではなく、社員一人ひとりが考えるべきこと」をモットーにして意識改革を呼びかけています。

多様性を受け入れるため、従業員は「チームワーク溢れる会社をつくる」という当社の方針を理解し、前向きな議論を重ねる環境が整えられています。

2. 富士通アドバンストエンジニアリング

富士通アドバンストエンジニアリングは、「自発的に考えて行動できる人材」を育成することで仕事の質向上を実現しました。

富士通ラーニングメディアのコンサルタントが現場に入り、社員の意識を見える化、最適な施策を支援し、チーム全員の意識改革に成功しています。

3. 富士ゼロックス

富士ゼロックス株式会社は、従業員一人ひとりの個性や能力を最大限に発揮できる職場環境を目指し、ダイバーシティ推進に取り組んでいます。

平成28年には、ダイバーシティ推進を経営成果を残した企業として新・ダイバーシティ経営企業100選(経済産業省)にも選出されています。

富士ゼロックスでは創業当初から性別・国籍・障害・年齢を問わない「個の尊重」を重視し、時代時代に合わせた活動に積極的です。

4. JAL(日本航空株式会社)

2010年1月、JALは会社更生法により、JAL再建計画は意識改革と部門別採算制度を推進しています。

意識改革を推進するための部署「意識改革・人づくり推進部」では、具体的な課題が提出され、実施する教育の概要も明確になりました。

従来の縦割り型の組織を見直し、部門ではなく組織全体として業務に取り組むことで、意識革命に成功しました。

5. 富士フィルム

富士フィルムは2006年から機能性化粧品やサプリメントを発売し、ヘルスケア商品に参入しています。

これまで写真分野で培ったさまざまな技術や知見が応用され、予防分野において常識を覆す独自の技術
が生かされています。

トータルヘルスケアカンパニーとして事業拡大を図るため、創薬メーカーの富山化学工業をグループに迎えて医薬品事業に本格参入しました。

今後の成長が期待されている「バイオ医薬品」、感染症治療薬「低分子医薬品」、コラーゲン研究の応用が期待できる「再生医療」の分野で積極的に事業を展開しています。

富士フイルムの技術リソースとグループ会社の特性を生かして医療分野に生かすことが使命であると考えています。

まとめ

意識改革のまとめ
今回は、意識革命を行う様々なメリットや企業の成功事例をご紹介しました。

急速なグローバル競争と技術革新が続く中で、労働人口の減少における「働き方改革」が推進されています。

企業経営者にとって、今だからこそ既存の考え方を打ち破る意識改革が必要と言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる