ヒューマンスキルとは?仕事に重要な理由や項目の一覧をご紹介

マネジメントに求められる能力として注目されている「ヒューマンスキル」とは対人関係能力のこと。近年、企業がマネージャー職の採用基準として「ヒューマンスキル」が重要視されています。優れた技術力や豊富な知識があっても「ヒューマンスキル」が欠けていると業務遂行は困難となるからです。今回は、「ヒューマンスキル」が重要な理由と項目一覧をご紹介しましょう。

目次

ヒューマンスキルとは?

ヒューマンスキルとは?
「ヒューマンスキル」とは、「対人関係能力」の意味を持ち、人間関係を良好に保つために必要な能力のことをいいます。

組織の業務が滞りなく遂行されるために、個人や集団を導く能力です。

「ヒューマンスキル」は、アメリカの経営学者、ロバート・カッツ氏が提唱したマネジメントに求められる3つのスキルのうちの1つです。

他の二つは、職務を遂行するために必要な専門的知識や技能であるテクニカルスキル(業務遂行能力)、総合的に把握して本質を理解する能力を示すコンセプチュアルスキル(概念化能力)が挙げられます。

ヒューマンスキルの意味

「ヒューマンスキル(human skill)」は日本語では「対人関係能力」または「対人関係を良好に保つ能力」と訳されます。

ヒューマンスキルは、コミュニケーション能力とも言い換えられます。

マネージャーや管理職に求められる能力のことで、組織や企業で統括するあらゆる業務を円滑に遂行するために必要です。

高い技術や豊富な知識があっても「ヒューマンスキル」が欠けている場合は、業務に支障が出る可能性があります。

ヒューマンスキルが重要な理由

近年のビジネスの多様化により、環境変化に迅速に対応できる能力が求められています。

マネジメント層は、人材育成による企業収益の向上のため、部下の意向を聞き入れながら適切にまとめるヒューマンスキルが求められるのです。

部下の悩みや不満に耳を傾けたり、キャリアについて話し合ったり行動を評価・フィードバック・アドバイスをする必要があります。

コミニュケーション能力の高さは部下との信頼関係が生まれ、結果的に柔軟な業務遂行が可能となるのです。

ヒューマンスキルがないとどうなるか

ヒューマンスキルは、経営者だけでなく、部長や課長、監督者や現場のマネージャーにも求められるスキルです。

いわゆる中間管理職の場合は、トップの決定した方針を部下に伝え、現場の意向をまとめてトップに伝えて組織を回す役割があります。

ヒューマンスキルがない場合、経営側と現場との意思疎通がうまく行かず、組織として機能が低下します。

ヒューマンスキルを高める具体的なメリット

ヒューマンスキルを高める具体的なメリット
ヒューマンスキルを高めると3つの大きなメリットが期待できます。

メンバーからの信頼度がUPする

上司が部下の話にしっかりと耳を傾けて、部下の気持ち、本質を読み取ることが大切です。

口頭でのコミニュケーションの他、メールやチャット機能も活用して、マメな連絡は欠かせません。

日頃からコミュニケーションを多く取ることで、メンバーからの信頼度も上がっていくでしょう。

お願いをメンバーに受け入れてもらいやすくなる

一人ひとりの個性や価値観が異なる職場環境では、マネジメント層は対立する意見の調整することも大切です。

それぞれの意見をヒアリングして本質を見抜き、最善と思われる解決手段を模索します。

一人ひとりの要望を受け入れる職場環境が整っていくのがメリットです。

チームの雰囲気にもいい影響をあたえる

マネジメント層のコミニュケーション能力が高いとチームの雰囲気にも良い影響を与え、メンバーに主体的に行動を起こさせることができます。

ヒューマンスキルの項目一覧

ヒューマンスキルの項目一覧
ヒューマンスキルの項目は、以下の6点で構成されています。

1. ヒアリング力

相手の言葉に耳を傾けて、相手の話を正確に理解できる能力です。

複雑な内容でも要点を読み取ることができ、部下の能力ややる気を引き出すことに繋がります。

2. 統率力

組織のリーダーとして、メンバーをうまくまとめ、組織を率いて行く力です。

組織の目標設定、部下の評価など、ブレない精神力と的確な判断力が必要です。

3. プレゼンテーション力

自分の考えや言いたいことを的確に伝える能力、提案力です。

自分の伝えたい事を起承転結を踏まえてわかりやすく、論理的に簡潔に伝えることができる能力です。

4. 交渉力

お互いにベネフィットがあるように上手に話を進めて、異なる意見を争うことなく交換する能力です。

顧客など対外的な交渉力、無理な要望への対応、こちら側の要望を通す交渉力が必要となります。

5. 動機付け

若手教育などのマネジメントを行う際に同僚や部下の意欲を引き出す能力のことです。

部下の明確な目標設定をサポートしたりモチベーションを高めるきっかけを作ります。

6. 向上心

現状に満足せず、常に今よりも良い状態を目指して組織を引っ張る力が必要です。

研修に積極的に参加したり、新しいアイデアを常に自分の言葉で発信し、自己能力を磨き続けます。

ヒューマンスキルはマネジャー以外の人にも重要なスキル

ヒューマンスキルはマネジャー以外の人にも重要なスキル
ヒューマンスキルは現場の監督や責任者にも必要なスキルです。

同僚・上司・お客さんなど、現場の人間は関わる人が特に多い

お客さんの意見と会社の意見など、現場にいると人によって意見の違いは当然あります。

ヒューマンスキルに必須の調整力が備わっていると、上司の意見、他部署の意見、部下の意見をそれぞれまとめることができます。

現場で円滑に仕事をすすめるために必須のスキル

現場で働く上司、同僚、部下、そしてお客様のすべての意見の違いをよく聞いて理解し、意見の一致点を抽出します。

対立点を明確にしてまとめることで、現場の業務がスムーズに進むでしょう。

ヒューマンスキルが高ければ多少弱点があってもカバーできる

ヒューマンスキルが高ければ、職場の人間関係が良くなり、従業員それぞれが意見を自由に言い合える雰囲気になります。

コミュニケーションが活発化するので、技術や知識が足りていなくてもカバーできるのてす。

ヒューマンスキルを磨くにはどうすればいいか

ヒューマンスキルを磨くにはどうすればいいか
ヒューマンスキル向上には、見本となる人を研究したり、研修に参加すると効果的です。

ヒューマンスキルが高い人を観察する

ヒューマンスキルが高い人は冷静に状況を分析し、的確な判断を下すことができ、同僚や部下を鼓舞して最大の成果が出るように促します。

先方の利益も考えつつ、最大限に自分側の利益も確保する姿勢は自発的に取り入れていきましょう。

ヒューマンスキルを高める練習に参加

ヒューマンスキル向上の研修に参加すると、人間に対する理解を深めるため、仕事も上手に進められるようになるでしょう。

まとめ

ヒューマンスキルのまとめ
「ヒューマンスキル」はマネージャー、現場監督、中間管理職など、あらゆる役職において必須な能力です。

対人関係を良好に保つことは難しいですが、まずは相手の立場で言葉を伝えたり、正確に状況を捉える力から向上させていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる