マネジメントとは?様々な種類とスキルを向上させるポイント

育成

この記事では、マネージャーやリーダーとして働く人にとって関心の高い「マネジメント」について以下ののようなポイントを中心に説明していきます。

  • マネジメントの意味
  • マネジメント力を向上させる方法
  • マネジメントの種類

合わせて、マネジメントにまつわるドラッカーの書籍なども紹介していますので、マネジメントに興味がある人は参考にしてみてください。

そもそもマネジメントとは何か?簡単にいうと?

オフィスで働く女性

この項目では、マネジメントの意味や、マネジメントとリーダーシップとの違いについて整理していきます。

マネジメントの定義と意味

マネジメントは「経営」や「管理」を意味する言葉です。経営資源を有効活用したり、リスク管理などを行って、組織やチームが目標を達成できるように管理することを指しています。ちなみにマネジメントの父と呼ばれるピータードラッカーは、マネジメントを「組織が成果をあげるための道具や機能、機関」と定義しているそうです。

【出典】P.F.ドラッカー(1999)「明日を支配するもの 21世紀のマネジメント革命」ダイヤモンド社

マネジメントとリーダーシップの違い

リーダーシップは強いが、マネジメントが上手くできずに成果を出せなかったというケースもあるように、それぞれの能力は別物です。

先ほども説明したように、マネジメントは、組織やチームが目標を達成できるように管理するための能力で、マネジメントを上手く行うためにはリーダーシップも必要になります。そしてリーダーシップを発揮してチームや組織を率いるためには、人間的な魅力が特に重要となります。

マネジメント力はマネージャーに必須の能力

マネジメント力はマネージャーに必須の能力

マネジメント力は、マネージャーとして仕事をする際に、とても大切な能力のひとつです。ここではマネジメント力を向上させる方法や、マネジメントの父と呼ばれるピータードラッカーの書籍などを紹介していきます。

マネジメント力を向上させるには

マネジメント力を向上させる方法を理解するために、まずは、マネジメントを行う際に必要となる能力をそれぞれ整理してみましょう。

・目標や計画を設定したり、進捗を管理するスキル
・分析力や判断力
・コミュニケーションスキル
・リーダーシップ
・現場での経験や仕事内容の理解

マネジメントを行う際には、こういった能力が必要になります。

目標や計画を設定したり、進捗を管理するスキル

チーム全体の目標などを設定したり、その進捗を管理することは、マネジャーの大切な仕事のひとつで、売り上げなどの数字目標だけではなく、目標達成のために動くメンバーへの負荷なども考慮する必要があります。加えてメンバーそれぞれの適正なども踏まえた上で、具体的な目標とそれを達成するためのプランなどを計画する必要があり、出来るだけスケジュールに遅れが出ないように管理することも必要になります。

分析力や判断力

メンバーそれぞれの適正を判断したり、チームや組織の課題を明確にして、それを具体的な目標や計画に落とし込むためには、分析力や判断力が必要になります。しっかりと分析するためには、まずは現状を正しく認識することが必要ですし、判断力を高めるためには、経験の数もある程度必要になるため、自分の判断をしっかりと振り返る必要があります。

コミュニケーションスキル

3つ目はコミュニケーションスキルです。メンバーそれぞれの適正や性格を理解したり、上手く進められずに困っている事がないか、こまめにコミュニケーションを取って確認するようにしましょう。信頼関係をしっかり築けていないと、お互いに仕事を進めにくくなるので注意しましょう。

リーダーシップ

3つ目のコミュニケーションスキルにも関連しますが、チームを率いるためには、リーダーシップも必要です。リーダーシップのかたちは人それぞれで色々とありますが、独りよがりのリーダーシップを発揮しても意味がないので、どうしたらチームや組織が働きやすくなるか考えながら動く必要があります。

現場での経験や仕事内容の理解

最後の5つ目は、現場での仕事経験です。自分が管理するメンバーの仕事内容を深く理解できていなければ、リーダーシップも発揮しずらく、マネージャーとして仕事をするのが難しくなります。メンバーとの信頼関係をしっかりと築くためにも必要なポイントになるはずなので、現場の意見などはしっかりと大事にするようにしましょう。

ドラッカーのマネジメント論が有名

今回のマネジメントに関しては、様々な人物が言及していますが、特に多くの人に紹介される有名な人物は、先ほど上で紹介したピーター・ドラッカーという人物です。

マネジメントに関するドラッカーの本も

ピーター・ドラッカーは、マネジメントに関して様々な本も出版しています。ちなみに以下の3つの本は、多くの人が購入していて、Amazonでも特に評価が高い本です。

1. マネジメント 基本と原則

2. プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

3. ドラッカー名著集1 経営者の条件

マネジメントの種類

マネジメントの種類
組織やチームを上手くマネジメントするには、以下のように様々な種類の要素を管理する必要があります。

リスクマネジメント

自分の管理する組織やチームが、出来るだけ合理的に目標を達成する方法を考えるだけではなく、出来るだけトラブルや失敗するリスクが少なくなるように管理することも大切です。できる限り様々な状況やケースを想定しながらマネジメントを行う必要があります。

目標のマネジメント

組織やチームをマネジメントする最終的な目的は、チーム全体の目標を達成することにあるので、目標を適切に設定して管理することはとても大切なことです。高すぎず低すぎず、取り組む人のモチベーションが最大化されるように目標を設定できるのが理想的ですが、そのようなかたちで目標をマネジメントするためには、チームとしてしっかりと結果を出し続けることも必要になります。

予算のマネジメント

仕事内容によっては予算をマネジメントすることも必要になります。与えられた予算の範囲内で、チームの結果が最大化できるように工夫するのは当然大切なことですが、場合によっては後少し予算を増やした方がオプションが増えて、より目標を達成できる可能性がUPするということもあるかもしれないので、できるだけ柔軟に考えることも忘れないようにしましょう。

時間のマネジメント

時間を適切に管理すると、より重要度の高い仕事に割く時間を多くすることができたり、チーム全体の残業時間を減らしたりできるなど、様々なメリットがあります。メンバーそれぞれのスケジュールを管理することは、方法によっては個人のパフォーマンスに大きく影響することなので(ガチガチに管理されるとかえってパフォーマンスが落ちるなど)、特に慎重に検討する必要があります。

人のマネジメント

最後は人のマネジメントです。最終的に成果を出すのはチームのメンバー1人1人なので、こちらもとても大切なものです。なお、人をしっかりとマネジメントするためには、まずはそれぞれのメンバーとしっかりコミュニケーションを取ることが必要で、それぞれのメンバーの適正や性格などを、ひとりひとりしっかりと把握したうえで、仕事のやり取りをすることが必要になります。

昨今、特にマネジメントが重要な業界とは

 昨今、特にマネジメントが重要な業界とは

ここでは特にマネジメントが重要視されている業界や、マネジメントする際の注意点について説明していきます。

介護の現場でもマネジメントスキルは重要

マネジメントスキルは、様々な業界で必要となるスキルですが、特に最近は介護の現場で重要視されているスキルのようです。というのも、介護の現場は、2025年には介護職員が全国で約40万人近く不足するというデータがあり、その中でも、マネジメントを行う管理職が特に足りないと言われているからです。

介護におけるマネジメントとは

基本的には他の業界のマネージャーと求められることはほぼ同じと言われていて、現場で働くスタッフに適切に業務を割り当てて、労働環境や業務負荷を調整したり、経費を下げる・売り上げをUPさせるなど、事業所の生産性をあげることが求められるようです。

看護師をマネジメントする際の注意点とは

マネジメント能力が不足していると、事業所の生産性がUPしないだけでなく、ただでさえ人手が足りていない状況なので、現場で働くスタッフにかかる負荷が増えていって教育や業務のフォローなどに時間が割けないようになり、結果、離職者が増えるというケースもあるようです。

人手が足りていない事業所が多いと言われているので、まずは現場がしっかりと無理なくまわることが重要で、その上で看護師のスタッフ一人一人としっかり向き合いながら労働環境などを改善していくのがいいかもしれません。

まとめ

マネジメントのまとめ
マネジメントスキルは、管理職やチームのリーダーとして仕事をする際に必要とされるスキルで、どの業界で働く場合にも、サラリーマンとしてやっていく場合は、特に重要視されるスキルのひとつです。マネジメントに興味がある人は、紹介した本なども参考にしてみてください。