優秀な人材とは?見分け方や確保するための方法について

優秀な人材の記事
皆さんは優秀な人材と聞くとどのような人を思い浮かべますか?ビジネスにおいては、優秀な人材が1人でもいるかどうかによってその成果に大きな違いが出てくる可能性があります。この記事では、優秀な人材とはどのような人なのか、優秀な人材を確保するための方法などについて解説します。
目次

優秀な人材とは

優秀な人材とは
そもそも優秀な人材とはどのような人のことを指すのでしょうか?業種や職種によって異なる部分もあるかと思いますが、会社である以上、会社の利益に貢献することができる人というのは優秀な人材だと言えるでしょう。
しかし、この言葉だけで優秀な人材をまとめることは難しいのも事実です。そこでまずは優秀な人材がどのような人なのか、その条件や特徴について解説していきます。

優秀な人材の条件

優秀な人材とは、以下のような点を備えている人と考えることができます。


・自分の役割を理解している
・将来の予測ができる
・人間関係の構築が上手
・知識や経験が豊富

まず1点目に関しては、優秀な人は社内における自分の役割をしっかりと理解し、それに基づいた行動をすることができます。これは、会社に利益がどのような流れ、仕組みでもたらされるかを理解できていることに加え、社内の人間関係や他の社員のスキルなどを把握しているためだと考えられます。また、そういった背景があるため、自身の役割をしっかりとこなすのはもちろん、プラスアルファの活躍をしてくれたり、トラブルが起こった時の対応力を備えていたりもします。

2点目に関しては、周囲の状況を把握できているために、これから先の予測を立てることができるというものです。自身の将来はもちろんのこと、会社のこれからも予測することで、主体的に会社の将来を構築していくことができるはずです。具体的には新たな市場の開拓や新規クライアントとの関係構築、新プロジェクトの推進などが考えられます。会社からしてみれば、将来を切り開ける人材、新たな市場を切り開いていける人材というのは会社を長く経営していくためにも欠かせません。

3点目に関しては、優秀な人材は仕事ができる一方で、同僚や上司、部下との人間関係を良好に保つこともできます。これはその人自身が人と関わるのが好きだったり、コミュニケーションを取るのが好きだったりするからかもしれませんが、いずれにしても良好な人間関係の構築は離職の防止や仕事に対するモチベーションのアップなどが期待できるでしょう。

4点目に関してはそのままで、優秀な人材は仕事に関する知識やスキル、それ以外の知識やスキルを豊富に持ち合わせています。これは、仕事を通して身につけたものかもしれませんが、持っている力を遺憾なく発揮することで会社に大きく貢献することができているといえます。また、知識やスキルを身につけるために勉強に取り組んでいるとも考えられるため、そういった点から意欲的であったり、主体性があったり、努力をしようとしていたりすることが伺うことができます。このような姿勢は仕事をする上でも非常に重要なものとなるでしょう。

優秀な人材が大事な理由

優秀な人材がいるに越したことがないのは、誰もが分かっているはずです。では、なぜいた方がいいのでしょうか。それは、ここまでに触れたように、優秀な人材は会社の利益に貢献することができ、会社経営を考えた時に必要不可欠な人材となるためです。また、仕事に対する姿勢などは他の社員に対しても影響を与えるものであるため、1人でも優れた人材がいることによって他の社員の成長を期待することもできるのです。

優秀な人材ほど早く辞めていく会社は危険

いくら会社に優秀な人材がいたとしても、辞められてしまっては意味がありませんし、優秀な人材が辞めていく会社は危ないと考えた方がいいでしょう。これは、会社が優秀な人材を都合のいいように利用している可能性があるためです。

会社によって多少の違いはあるかもしれませんが、優秀な人材が辞めていく背景には少なからず会社の人材活用方法に問題があると考えられます。例えば、実力に見合った仕事ができない、成果を評価してもらえないなど優秀な人材が不満を感じるような状況を作ってしまうと辞めていく可能性は高くなるでしょう。

優秀な人材が辞めたり転職してしまう理由

優秀な人材が辞めたり転職してしまう理由
優秀な人材が会社をさる背景には何があるのでしょうか。詳しく確認していきましょう。

仕事内容への不満

先ほども触れているように、自分の実力に見合った仕事ができていないと、物足りなさを感じてしまいます。「もっとレベルの高い仕事がしたい」「もっと難しい仕事がしたい」「仕事を通して成長したい」と思うようになると、転職を考えるようになってしまうでしょう。

社内環境への不満

仕事同様、社内の環境に不満を感じるようになると転職を検討するようになります。例えば、上司からいつも理不尽なことばかり言われている、社内の人間関係がギクシャクしていて仕事がやりにくい、給料が低いといった状況が考えられます。社内環境の整備は優秀な人材をはじめとした社員が気持ちよく働くためにも欠かすことのできないものなのです。

違う会社からのオファー

優秀な人材は、業界内でも有名になる可能性があり、そういった人材にはヘッドハンティングをしに来るケースも少なくありません。同業他社や時には異業種など、その人のスキルを見込んで転職を誘いに来るのです。ヘッドハンティングだと給料も跳ね上がる可能性もあるため、転職をしてしまうケースもあるでしょう。

本人の興味・志向の変化

仕事をしているうちに自分自身の興味関心や志向が大きく変わっていくケースがあります。例えば、部品の営業をしていた人がもっと大きなものを売りたいと思って他の商品を扱う会社に転職するといったこともあるでしょう。

優秀な人材の流出を防ぐには

企業としては、もちろん優秀な人材には出て行って欲しくないはずです。では、そのためにはどうすればいいのかというと以下のような点に注意する必要があります。


・社内制度の整備
・本人の力に見合った仕事の割り振り
・給与のアップ

1点目に関しては、社員の頑張りを正しく評価できる制度がないのであれば、評価制度を整備するなどして社員が頑張れる土壌を作るようにしましょう。また、2点目に関しては、上司が社員の力量をしっかりと見極め、優秀な人材には少し難しい仕事を与えるなどして仕事に対するやりがいを持たせられるようにしたいところです。そして、しっかりと結果を出して会社に貢献している社員に対しては、その成果を給与やボーナスに反映させるようにしてください。

優秀な人材の見分け方

優秀な人材の見分け方
優秀な人材といっても、最初からその人が優秀かどうかはなかなかわかりません。そこで、続いては優秀な人材の見分け方について解説します。

まずは過去の実績や経験から判断する

最初の手がかりとなるのが過去の実績や経験です。これは選考の面接時などである程度わかるかと思います。もちろんその実績の中でどのように関わったのかという点も大切ですが、少なくとも実績や経験を見ることによって一つの判断基準にはなるでしょう。

実際は一緒に仕事してみるまで分からない

面接だけではその人の全てがわかるわけではありません。そのため、実際には一緒に仕事をしていく中でその人がどんな人材なのかを見極めていくことになります。面接で感じていた通り、優秀な人材かもしれませんし、その逆の可能性もあります。また、予想外のいい面が出てくる可能性もあります。

社会人インターンや副業などの制度も活用する

採用してからその人の本質の部分がわかるというのは、企業からしてみれば怖い部分もあるでしょう。そのため、事前に社会人インターンや副業制度を活用することで、その人の働きぶりを見極めることも可能です。
もちろんインターンや副業を行うための制度を整備する必要はありますが、採用後のミスマッチを防ぐためにも、優秀な人材を確保するためにもこれらの方法は有効だと言えます。

優秀な人材を確保するためには

優秀な人材を確保するためには
では、優秀な人材を確保するために、企業はどのような取り組みができるのでしょうか?引き続き確認していきましょう。

魅力的な労働環境を用意する

優秀な人材に限らず、労働環境が整備されているかどうかは、働く上で非常に重要です。例えば有給休暇取得率や離職率、福利厚生の充実など企業側で改善できる点はいくつもあります。また、場合によっては時短勤務やリモートワークを導入することも有効となるでしょう。

優秀な人材をたくさん採用する

身近にスキルの高い人材がいると、簡単に会社を辞めようとは思わないはずです。優秀な人からしてみれば、自分よりも優れた人材がいれば、その人をロールモデルにして仕事を頑張ろうとするかもしれませんし、優秀な人材が多ければ、社内でも優れた人材がどんどん育っていくことも期待できます。

事業の魅力や熱意などを伝える

自身が取り組む仕事が魅力的かどうか、やりがいや達成感を感じられるかどうか、社会的な意義がある仕事かどうか、といった点も働く上では重要なポイントになります。仕事は何十年と続けていくことになるものなので、やる以上はやっていて楽しさややりがいを感じられるものの方がいいでしょう。
そのため、優秀な人材に対して、自社の事業がいかに魅力的でやりがいがあるか、その中で自分の持つ力をどのように発揮できるのか、それによってどのように社会に貢献できるのか、といった部分を伝えるようにしましょう。

優秀な人材になるには

優秀な人材になるには
ここまでは会社が優秀な人材を確保するための方法について解説しましたが、社員側も優秀な人材になるための努力をすることは重要です。どのような取り組みをすればいいのか解説していきます。

目標やキャリアビジョンなどをしっかりと設計する

今現在は優れたスキルや実績、経験がない場合、まずは自分が将来どうなりたいのかビジョンを考えるようにしましょう。例えば、「営業部門でトップの成績を残したい」というビジョンがあるとしたら、そこから逆算して自分が取り組むべきことを1つずつ洗い出していくようにしてください。それに対して1つずつ着実にこなしていくことで少しずつ成長し、優れた人材へと変化していくことができるでしょう。

現場でたくさんの経験を積む

「優秀な人材になりたい」と口で言うのは簡単ですが、やはり現場での経験は必要不可欠です。現場の状況やお客様の声を聞き、それに対して何ができていて、何が足りないのか、現場の現状を把握できていなければ、優れた仕事をすることはできません。そのためにもまずは現場に足を運び続け、経験を積み重ねるようにしましょう。

優秀な人と一緒に働く

自分の身の回りにいる優れた人と一緒に働くことも重要なポイントです。一緒にいることで優れた人の働き方や仕事に対する姿勢、ノウハウや経験を学ぶことができるためです。ぜひそういった人をロールモデルとして、真似をするとことから始めてみてください。

まとめ

優秀な人材のまとめ
今回は、優秀な人材とはどのような人なのか、という点について解説しました。優秀な人材は自分のやるべきことが理解できているほか、将来に対する予測もできており、なおかつ人間関係の構築も上手といった特徴を持っています。一方で、これば生まれ持ったものというわけではなく、仕事を経験していく中で身につけられるのもでもあるので、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる