推進の意味や類語は?ビジネスを推進するために必要な能力も紹介!

推進の意味の記事 育成

「推進」という言葉を目にしたり耳にしたりしたことのある人は少なくないでしょう。普段何気なく使用している言葉ですが、その意味や使い方はご存知ですか?今回はこの「推進」という言葉に関して、その意味からビジネスにおける推進の意味、さらにはビジネスを推進するために必要なスキルについて解説します。

推進とは

推進とは
まずはあらためて推進という言葉がどういった意味を持つのか、さらにはどういった類語を持っているのかといって点について確認していきたいと思います。

推進の意味

推進とは「前におしすすめること」、「物事がはかどるようにすること」という意味を持つ言葉です。「業務を推進する」、「プロジェクトを推進する」といった形の使い方をしたことのある人もいるのではないでしょうか。

推進の使い方や類語

推進は前におしすすめることですから、似たような言葉に以下のようなものが挙げられます。

・奨励
・推し進める
・勧奨
・進める
・プロモート
・プロモート
・促進

ビジネスにおける推進について

ビジネスにおける「推進」も先ほど紹介した意味の通り、前に推し進めることとなります。仕事を進めたり、取引や商談、プロジェクトを進めたりすることがビジネスにおける推進だと言えるでしょう。

また、「○○推進委員会」のように社内で推し進めたい何かがある場合の社内運動になることもあるでしょう。

ビジネスを推進するために必要な能力

ビジネスを推進するために必要な能力
ここからは「推進」という言葉を踏まえて、ビジネスを推進する際に必要になる能力について解説していきます。

1.コミュニケーション力

ビジネスを推進するうえで欠かせないのがコミュニケーション力です。コミュニケーションは双方の意思疎通を図ることで対人関係を円滑にすることができます。ビジネスはもちろんですが、社内の同僚などとのコミュニケーションも仕事をするうえでは重要です。例えばプロジェクトチームを組んで仕事に取り組む場合は、チーム間でのコミュニケーションがなければプロジェクトを推進することはできません。コミュニケーションが仕事の成果を左右するといっても過言ではないのです。

2.調整力

ビジネスにおいては、様々な事項を調整することになります。例えば、スケジュール調整や予算調整を行うこともあれば、人員を調整することもあるでしょう。調整するといっても、ただ単に足りない部分を補って、多すぎる部分をカットすればいいというわけではありません。周囲の状況を見極めて何をするべきか、何をしなければいけないのかをしっかりと判断していく必要があります。ちなみに、調整していく過程でもコミュニケーション能力は必須となります。

3.実行力

プロジェクトや仕事の計画を立てたら実行しなくては成果を上げることはできません。場合によっては難しいプロジェクトや業務に取り組むこともあるかもしれません。また、緊張や恐怖を感じることもあるでしょう。しかし、そういった状況でも勇気を持って実行できるかどうかがビジネスの成否につながると言えます。特にプロジェクトのリーダーなどの場合は率先して実行していくことでメンバーがついてきてくれるはずです。

4.プレゼン・説明能力

たくさんの人の前で伝えたいことや訴えたいことを相手に正確に伝えるためのスキルも必要です。もし自分の意図が相手に伝わらなければ、仕事がスムーズに進むこともないでしょう。ちなみに、プレゼンや説明を行うのは大勢の人の前だけではありません。チームのメンバーに対する説明や上司に対するプレゼンを行うこともあるでしょう。そういった場面でいかにわかりやすく的確に情報を伝え、相手のニーズを読み取り、説得力のあるプレゼンができるかどうかが非常に重要だと言えます。
説明するためには、日頃から論理的に物事を考えなければいけませんし、結論、理由、事例といった論理の組み立ても考えなければいけません。

5.リーダーシップ

リーダーの場合は、チームを引っ張る力も必要となります。時には、先ほど紹介したような実行力を持ってチームを引っ張ることもあれば、仕事に対する姿勢をチームに見せることで引っ張ることもあるでしょう。いくら仲のいいチームでも、時にはリーダーがゲキを飛ばすこともあります。プロジェクトを成功させるためにも、嫌われる勇気を持たなければいけないのがリーダーです。

コミュニケーション力は特に大事な能力

コミュニケーション力は特に大事な能力
先ほども触れたコミュニケーション能力ですが、これは特にビジネスにおいて大切な能力となります。そこで続いては、コミュニケーションについて掘り下げていきます。

様々な部署やチームを巻き込む際に必須の能力

仕事を進める上で他の部署や関係会社、クライアントとの折衝は避けて通れません。その時に必要となるのがコミュニケーション能力です。直接会話することもあれば、メールや電話でやり取りをすることもあるでしょう。いずれにしても自分たちのプロジェクトや仕事に協力してほしい旨やその熱意、なぜ力が必要なのかといった点について熱量を持って伝えることで仕事に他の人たちを巻き込んでいくことができます。

コミュニケーション力を鍛えるためのポイント

では、コミュニケーション力を鍛えるためにはどうすればいいのでしょうか。ポイントを解説します。

まずは相手の話をしっかりと聞く

コミュニケーションというと伝えることばかりに注目してしまいがちです。しかし、相手がいなければコミュニケーションは成立しないものなので、まずは相手の話を聞くことが大切です。相手の話によってはこちらが伝える内容も変わってくるため、相手の話に耳を傾けて、臨機応変に反応していく必要があります。コミュニケーションを取るときに、最初から伝えることを全て決めておくといったことのないようにしましょう。

わかりやすく簡潔に話す

伝えたいことがたくさんあってもそれを全て伝えようとすると相手は話の要点がわからなくなる恐れがあります。ビジネスの場合はまず結論を先に伝え、その後理由や事例をシンプルに伝えるようにするのがポイントです。プライベートで友達とワイワイ話すのとは違うため、わかりやすさと簡潔さを意識してください。

ビジネスで推進力以外に重要な能力

ビジネスでは推進力以外にも大切な能力がいくつもあります。続いては、それらの能力の一部を紹介していきます。

企画/分析力

所属する部署にもよりますが新しいアイデアを考えたり、分析をすることで次の取り組みを考えたりする力は必要になります。企画力や分析力を磨くには幅広い知識や経験が欠かせません。また、分析をする場合は数字にも強くなった方がいいでしょう。一朝一夕で身につくものではないので、まずは目の前の仕事に全力で取り組んでいくことが大切です。

マネジメントスキル

管理職となって大勢の部下を持つようになると自分自身だけでなく、チームや部下を管理するマネジメントスキルも必要になります。仕事の割り振りや部下からの相談、さらには部下の評価など、これまでの仕事内容とは大きく変わってきます。普段から自分のことだけでなく周囲のことも気にかけておくなどしておきましょう。

ITスキル

多くの企業では、パソコンで書類を作成したり、アプリケーションを使って業務を行ったり機会があります。WordやExcelといった基本的なソフトを使ったり、メールを送ったり、会議用の資料を作成したりといった各種操作スキルが欠かせません。また、近年では会社の名前を使ってSNSを運用することもあるので、そういった場合のITリテラシーも必要となるでしょう。

まとめ

推進のまとめ
今回は「推進」という言葉の意味からビジネスを推進する際に必要となるスキルなどについて解説しました。ビジネスを推進するためにはまずコミュニケーション能力が欠かせません。コミュニケーションは意見を伝えるだけでなく、人間関係を円滑にするためにも必要なものです。ビジネスを順調に推進するためにも、まずはコミュニケーション能力を磨くようにしましょう。