リフレクションの意味とは?企業事例やリフレクションシートの書き方を解説

人や企業の成長に関わる言葉がリフレクションになります。人材育成において不可欠な言葉ですが、実際に使う時は意味についても理解することが重要です。

リフレクションの意味と、実際に行い方について解説します。

目次

リフレクションの意味

リフレクションの意味

リフレクションは大きく二つの意味があり、反射または内省をする時に使われる言葉です。

鏡に写ったものや射し込んだ光を反射する際や、これまでの出来事や経験を振り返りたい時が、リフレクションという言葉が適切になります。

何かを思い出すことで新しい発見もあるため、自己の成長にはリフレクションが欠かせません。

リフレクションとは

企業でもリフレクションという言葉が使われることがあります。

業務を効率化させるためには、自分を客観的に評価していき、自発的に問題解決に向けた取り組みが必要です。

良い点と悪い点の両方をきちんと見つめて、自分を成長させるきっかけこそがリフレクションです。

リフレクションを英語でいうと?

リフレクションを英語にすると「Reflection」になります。

似ている言葉で思考する意味の「reflect on」があり、「Reflection」を形容詞にした単語が「reflective」です。

それぞれの単語を状況に応じて使い分けていきましょう。

リフレクションのスタートは振り返りから

リフレクションを始めるためには振り返りが必要です。常日頃から、自分の1日を日記などでまとめる習慣を作っておけば、振り返りやすくなります。

仕事の成果や休日の過ごし方など、自分に関係する出来事を振り返っておくことで、また新しい発見があります。軽くメモに残しておくなど、一つでも多くの情報があればなお便利です。

リフレクションが重要な理由

リフレクションを実施した教育は人材育成において重要視されていて、組織と従業員の成長には客観的な俯瞰が必要になります。

これまでの出来事や自分たちを取り巻く環境を振り返り、何があったかを一つずつ見つめていくことで、成功と失敗が見えていきます。

過去の自分を見つめ直せるリフレクションを行うことで、成功と失敗の要因が見えてくるため、今後の成長の参考なります。

リフレクションが失敗する原因

リフレクションは成長において大事ですが、方法を間違えては失敗に繋がります。

過去の出来事を振り返るにしても、客観的な視点が重要です。過去の成功を過大評価したり、逆に失敗を重く考えすぎては正当な評価はできません。評価が高すぎては自制が不可能ですし、また行き過ぎた反省も当人の心にダメージを与えます。

リフレクションは「内省」であり、成功と失敗の両方を振り返る行動です。どちらかだけに偏ってしまうとリフレクションは失敗するため、第三者からの意見が必要とされます。

リフレクションカードの紹介

リフレクションカードの紹介
誰でもお手軽にリフレクションが実施できるカードがあり、リフレクションカードと呼ばれています。

リフレクションカードは簡単に利用することができるため、導入する企業も多いです。リフレクションカードの使い方と、利用する際のメリットとデメリットについても紹介します。

リフレクションカードの使い方

リフレクションカードは企業だけでなく、学校や習い事などでも手軽に利用できます。

まずはテーマごとにカードを用意しましょう。テーマを決めるカード、話す内省をするためのカード、聞く内省をするためのカード、気付いたことを言語化するためのカード、それぞれ4種類があります。

カードは個人としての体験や仕事を振り返るのに役立ち、10歳からの子どもでも利用できる程にシンプルです。一人はもちろんのこと、複数のグループでリフレクションカードを使うことができます。

リフレクションカードは実際に商品化されていて、ネットの公式ストアから誰でも購入しやすくなっています。

リフレクションカードを利用するメリット

リフレクションカードはチームで取り組むこともできるので、連帯感を高めるきっかけにもなります。お互いの経歴を紹介しあえることができれば、思わぬ共通の趣味を発見することも可能です。

短い時間の中でリフレクションをすることもできるので、スキマ時間の有効活用にも便利です。仕事などの都合で自分のことを発表する時でも、リフレクションカードがあれば内面を振り返ることにも役立ちます。

定期的に自己理解をしたい人のためにもリフレクションカードはおすすめです。何度でも使うことができるので、一週間に一度のペースでもリフレクションカードが使えます。

リフレクションカードを利用するデメリット

PIXTA(ピクスタ)
ビジネス 女性 の写真素材 [33529135] - PIXTA
ビジネス 女性 の写真素材 [33529135] - PIXTAビジネス 女性 の写真素材(No.33529135)。写真素材・イラスト販売のPIXTA(ピクスタ)では6,580万点以上の高品質・低価格のロイヤリティフリー画像素材が550円から購入可能...

リフレクションカードの使い方や効果について解説しましたが、必ずしも成功するとは限りません。

自分の過去を思い返すことに抵抗がある人の場合、使うことをためらいます。また、リフレクションをやりたくない人に強制させても意味はありません。

リフレクションを行う場合、一度にすべてを振り返らせるのではなく、時間をかけてゆっくりと進めることが大事です。

リフレクションカードの企業での導入事例

富士通では新卒研修の振り返りとしてリフレクションカードが使われて、サイフォン合同会社でもミーティングに活用されました。また、病院でも課外活動の一環として、リフレクションカードが利用されています。

リフレクションカードの導入事例は多くあるので、今後の増加も期待できます。

リフレクションの事例を紹介

リフレクションの事例を紹介

リフレクションカードと同様に、リフレクション自体が導入される事例も増えています。

チームの協調性を増やし、社員一人一人が主体的に考えるきっかけにもなるため、教育の一環としても取り入られています。

実際の事例を紹介するので、リフレクション実行の参考にしてみましょう。

企業におけるリフレクションの事例

リフレクションについて取り上げる企業は増えており、上記で紹介した富士通の他にも日産自動車でも自社のHPで内省の習慣化を掲げるようになりました。

週に1回のペースで75分間のミーティングを行い、内省と行動を繋げるため、広い視野での分析が求められています。導入した結果、自分の行動を振り返る習慣がつき、そして自分の経験を積極的に話せるなど好意的な声が多数出ています。

ITのスキルを身に付ける学校であるTechAcademyのサイトでも、リフレクションについてIT業界人事向けに解説しています。重要性や人材育成の方法について丁寧に解説しているため、今後はIT業界でもリフレクションの普及が見込めます。

看護におけるリフレクションの事例(静岡赤十字病院など)

看護の分野でもリフレクションが導入されるようになりました。

静岡赤十字病院でも一人一人に合わせたオーダーメイドの丁寧な看護を実践するため、患者と家族に向けた支援が充分だったかを看護師同士で話し合うリフレクションを実施しています。

榛原総合病院の看護部でも、リフレクションによって自発的に成長するための力を養わせ、積極的に研修を行っています。

看護でもリフレクションが成長に繋がることが期待されており、身体による経験とその後の影響を考案することで、学生及び実習生の気づきを促しています。

看護にリフレクションを導入する理由とは

看護は患者に寄り添う業務になるため、看護師には成長が求められています。

医療技術は徐々に発達し、システムも複雑になっていきます。また、近年はインターネットで健康に関する膨大な情報が手に入るようになったため、看護職に対する期待も大きくなりました。

リフレクション教育を実施して、患者のためになる思考を習慣にできれば、看護の質も向上します。

リフレクション研修を行う際に大事なこと

リフレクション研修を行う際に大事なこと
実際にリフレクション研修を行う際、必要なこともいくつか紹介します。

研修を受ければゴールではありません。リフレクションを取り入れて、その後に何をするのかが大事です。きちんと目的意識を持って研修を行いましょう。

リフレクションを行う意味や目的を整理する

何故、リフレクションを行わないといけないのかを自分の中で整理しましょう。

リフレクションとはこれまでの自分を振り返ることであり、何のために振り返りを行うかを明確にするべきです。自発的に思考せず、周りから言われたからというふわふわした理由でリフレクションを行っても成果は出ません。

自分を成長させるための手段という認識を持って、リフレクションを行う目的を考えましょう。

一連のサイクルの中でどの部分が弱いのかを自覚する

リフレクションを進めていくうちに、自分の欠点を見つけたら覚えておきましょう。

弱い部分を自覚できたら、どうすれば改善できるのかを考えることが課題です。また、欠点を必要以上に責めるのではなく、成長のきっかけを見つけたと考えることが大事です。

経験や実行が大切なことを自覚する

リフレクションが終わった後は、改善に向けた行動が大切であることも自覚しましょう。

どんな教育でも、実際に実行しなければ意味がありません。リフレクションの経験を活かして、今後の参考にしましょう。

一日の終わりにリフレクション研修のことを思い出して、脳に経験を定着させることがおすすめです。

リフレクションシートの書き方や注意点

リフレクションシートの書き方や注意点

学んだことを振り返るリフレクションシートもあり、教育で用意されていることが多いです。

学んだことに関係する項目が書かれており、どれだけ身に付いたかをチェックする書き方が主流です。

ただし、リフレクションシートを書く際には注意点もいくつかあります。

項目を埋める事が目的にならないように注意

リフレクションシートの内容を埋めるために研修を行うのではありません。リフレクションシートは振り返りであって、項目を埋めたところで当人の能力や評価とは関係ないです。

リフレクションシートの項目を埋めることで達成感も出ますが、項目を埋められるだけのスキルを持っていることが大事です。自分の課題を理解して、正当な評価を下すための審査力も求められます。

課題を特定できるように出来るだけ具体的に記入する

リフレクションシートによっては、自分の意見を記入する項目もあります。何かを問われている形式の場合、内容を具体的に記入しましょう。

リフレクションシートは記入して終わりではなく、後で読み直す機会が訪れます。その時、書かれた内容が曖昧では当人の力になりません。過去に提示された課題を乗り越えられているかを認識するため、リフレクションシートの記載が必要となります。

定期的に振り返ることが大事

項目が埋まったリフレクションシートは定期的に振り返りましょう。

埋められなかった項目があれば、自分に足りない部分を補うための参考になります。逆に項目を埋めた場合、自分の長所を伸ばすために思考することが大事です。

何が起こり、何を感じて、良い所と悪い所を分析できるようになるためにも、リフレクションシートを使って定期的に振り返ってみましょう。

まとめ

リフレクションのまとめ

リフレクションは気付きの機会を与えてくれるため、ITや看護など多くの業界で導入されるようになりました。

研修の参加やシートの記入を行った後は、きちんと振り返りをしてみましょう。大事なことはこれまでの自分を振り返り、成長するためのきっかけを見つけることです。

振り返りを行うことで自分の長所と短所を把握できるため、リフレクションは今後の働き方において重要視されています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる