シンギュラリティとは何か。社会に与える影響や有名な映画などを紹介

シンギュラリティの記事 制度

近年の急速な科学技術の進化により、人工知能(AI)が仕事や社会に与える影響は大きいと予想されます。

我々の暮らしは豊かになる一方で、2045年問題や人類の仕事が減るといった課題も出てきます。

今回は、シンギュラリティ(技術的特異点)の意味や社会的な影響、関連映画についてご紹介していきます。

シンギュラリティとは何か?タイミングはいつか?

 シンギュラリティとは何か?タイミングはいつか?
「シンギュラリティ(技術特異点)」とは、人工知能の研究開発が加速する中、人間の知性を超えて、人間の生活に大きな変化が起こる概念のことです。

人工知能の権威者であるレイ・カーツワイル博士により「未来予測の概念」が提唱されています。

今後、20年以内にはコンピューター内に神経の働きをシミュレーションしたニューロンの数は、人間の脳の数を超えます。

コンピューターニューロンは意識を持つまでに発達すると言われています。

シンギュラリティ(2045年問題)が与える影響

2045年までには、人間と人工知能の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術特異点)」に到達すると
見込まれており「2045年問題」と呼ばれています。

人工知能は自らを改良するため、人工知能はさらに新しく生み出され、永続的に人工知能が進化し続けます。

人工知能は人類が予測できない域まで進化し、人工知能開発が人類最後の発明となるのです。

シンギュラリティが来ない可能性や早まる可能性は?

2045年問題が現実化するか、はっきり分かっていませんが、シンギュラリティは起こり得ると考えられます。

今後、人工知能が人間の脳を超えた時には、私達の生活環境は大きく様変わりし、人間の代替労働力となり、医療、金融、情報通信にも適用されると予想されています。

人間の知性を超える人工知能をどう制御して、人類の発展に役立てるか議論が始まっています。

プレシンギュラリティとは

「プレシンギュラリティ」とは、人工知能とスーパーコンピュータを併用した技術がもたらす社会変革のことです。

PEZY Computingの代表取締役、優秀な科学者でもある斎藤元章氏が提唱しています。

2025年までには、AGI(汎用人工知能、人工汎用知能)が登場し、プレシンギュラリティが起こると予想しています。

少子高齢化、労働人口減少に関わらず高度経済成長が可能となり、不労社会、エネルギーの無料化が実現されるのです。

プレシンギュラリティによって起こる変化

シンギュラリティによって、仕事や医療など人間の生活が大きく変わると予想されます。

現在でも、自動車の自動運転、介護ロボットなどの研究開発はすでに進んでいます。

今後は、医療分野にナノテクノロジーを利用し、生物学上の限界を超えると言われています。

多くの仕事は機械化・自動化されることで労働から解放され、豊かな生活や人生を手に入れることができるのです。

シンギュラリティに対するスタンス

 シンギュラリティに対するスタンス
シンギュラリティに対する考え方は楽観派と悲観派があります。

シンギュラリタリアン(楽観派)

楽観派は決して人間を支配するものではないというスタンスです。
 
▼シンギュラリタリアン

レイ・カーツワイル(シンギュラリティ提唱者、シンギュラリティ大学創設者)

ラリー・ペイジ(Google共同創業者、現AlphabetのCEO)

ピーター・ティール(ペイパルマフィア)

ジャスティン・ラトナー(インテルCTO)

孫正義(Softbank創設者)

ディストピア論者(悲観派)

悲観派は人々はAIを本当に懸念すべきだというスタンス。

完全な人工知能を開発できたら、人類の終焉を意味すると危険性を危惧している。

▼ディストピア論者

イーロン・マスク(テスラ、Space X、ボーリング、ニューラリンク創業者)

ホーキング博士(故・宇宙物理学者)

ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

シンギュラリティ時代に向けて大切な3つの力

シンギュラリティ時代に向けて大切な3つの力
シンギュラリティ時代に向けて求められる3つの力があります。

1. 知識と知的思考力

様々な専門技術を連続的に身につけることを意識しながら行動すること。

企業人以外の人とも積極的に関わり、セルフマーケティングを学ぶ力を身に付けます。

2. 人的ネットワークの強さと幅広さ

   
様々なタイプの興味深い人と繋がり、初対面の人々と積極的に人間関係を構築することが大切です。

人的ネットワークのおかげで、どんな場面でも自分の専門性を提供し続けることが可能になります。

3. 自分自身に対する理解と洞察力、強靭な精神を育む能力

 
リフレッシュできるコミュニティの中で、洞察力、強靭な精神を鍛えることで、創造性が刺激され、自分らしく生きられるようになります。

シンギュラリティにまつわる映画

シンギュラリティにまつわる映画
人工知能が人間にもたらすのは、労働や死から解放されるユートピアなのか、それとも人類を滅ぼす脅威となるのか。

SF映画を通して、人工知能や超知能、ロボット代行社会の世界を読み解いてこう!

1. トランセンデンス

「トランセンデンス」(2014年制作、主演:ジョニー・デップ)は、コンピュータに人間の意識をそのまま移し、人間と全く同じ人格をつくる技術を実現したマインド・アップローディングがテーマ。

肉体は滅びてもコンピュータの中では意識は永遠に生き続けられる世界です。

最終的には、妻、友人、FBI、テロリストが一丸となって超知能になった主人公(ウィル)を抹殺しようする。

2. マトリックス

「マトリックス」(製作年1999年、主演:キアヌ・リーブス)はリローデッドとレボリューションズを含む3部作です。

時代設定は、人工知能が全人類の知能を超えるといわれる2045年のシンギュラリティ以降の話。

自分が生きている世界は、実は巨大AIがつくり出すバーチャルリアリティだったという未来が描かれています。

AIが極度に発達する社会の中で、人類のあり方を考えさせられます。

3. ターミネーター

「ターミネーター」(製作年:1984年、主演:アーノルド・シュワルツェネッガー)

自我を持つ巨大コンピュータ(AI)のスカイネットは人類を滅亡させるため支配し始め、殺戮し続ける暗黒の世界が…。

人間の知能を大きく上回る能力を持つコンピュータは人間の上に君臨し支配する世界だったのです。

4. オートマタ

 
「オートマタ」(製作年2013年、主演:アントニオ・バンデラス)は人間には想像できないスピードで進化を遂げたロボットと人類の未来を描きます。

人間が作ったロボットのプロトコルが破られ、人間の支配から解放されたロボットは制御不能に陥り、ロボットが人を支配する時代に。

5. 攻殻機動隊

「攻殻機動隊」(製作年:1995年、押井守監督)は士郎正宗のSFコミック「攻殻機動隊」原作のアニメーション映画。

2029年、高度に発達したネットワーク社会はコンピューター犯罪、サイバーテロが多発する世界。

非公認の超法規特殊部隊「攻殻機動隊」の活躍を描ています。

まとめ

   
シンギュラリティのまとめ
近年のコンピューターの進化はめざましく、シンギュラリティの社会的な影響は議論が活発化しています。

コンピューターが人間が支配する世界は、もうすぐそこまで近づいているかもしれません、