破壊的イノベーションとは?具体例やメリットなどを紹介

破壊的イノベーションの記事 経営戦略
[boxclass=”blue_box”] 近年は、国際競争が激化し、ビジネスの多様化に対応できる能力が求められています。

今後は、どの業界においても、既存市場を劇的に変えて革命を起こす破壊的イノベーションを意識すべきです。

この記事では、破壊的イノベーションの意味、アップル、アマゾン、フェイスブックなど大企業の事例を交えてご紹介しましょう。
[/box]

破壊的イノベーションについて

破壊的イノベーションについて
「破壊的イノベーション」とは、ハーバード・ビジネス・スクール教授クレイトン・クリステンセン教授による著書『イノベーションのジレンマ』の中で提唱されている考え方です。

これまで日本企業が注力してきた漸進的な改善を重視する持続的イノベーションとは対極的な考えです。

破壊的イノベーションとは

破壊的イノベーションとは、既存事業の秩序を破壊して、業界構造を劇的に変化させるイノベーションです。

新たな技術革新を起こすことで、既存製品よりも性能が劣り、低価格で使い勝手の良さを実現させることが特徴です。

破壊的イノベーションとは、性能を向上させる持続的イノベーションとは対極的な考え方になります。

注目すべきポイントは、破壊的イノベーションは、決して同業界内だけで起こるものではありません。

従来は全く関わりのなかった業界によって、既存市場の秩序を混乱させ、既存顧客を奪い取られる可能性があります。

大企業は、このリスクを真剣に受け止めて、自らが破壊的イノベーターとなり、市場価値を提供し続けることが大切です。

提唱者であるクレイトン・M・クリステンセン教授によれば、大企業や優良企業は見過ごしやすいと警告しています。

これまで改革が難しいとされていた教育の分野でもIT技術を応用した破壊的イノベーションが紹介されています。

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違い

イノベーションには大きく分けて2種類あり、「破壊的イノベーション」と「持続的イノベーション」が挙げられます。

持続的イノベーションとは、既存市場で求められている価値を向上していくイノベーションです。

既存顧客の要望を取り入れて、既にある消費に対して改善・改良を積み重ねていきます。

商品に付加価値をつけることで、他社製品・サービスと差別化し、利益を拡大していきます。

例えば、テレビはより高画質となり、自動車はより低燃費なるのも大企業による持続的イノベーションといえるでしょう。

戦後の日本の高度経済成長を支えたイノベーションであり、多くの大企業や優良企業が得意とする分野です。

ただし、持続的イノベーションは、最終的に顧客が使いこなせないほどの高機能になりがちです。

改善・改良を積み重ねていくほど、ハイエンド層に特化した高価格の製品になってしまうことがネックでした。

一方で、破壊的イノベーションは、新しく生み出された製品・サービスは性能は劣りますが、低価格で利便性に優れているのが特徴です。

ターゲット層は既存市場以外のローエンドが対象となります。

市場における既存のルールを根本的に覆し、現在市場で求められている製品やサービスに対して新しい価値を向上させるアプローチ方法です。

破壊的イノベーションの種類

破壊的イノベーションの種類
破壊的イノベーションには、「ローエンド型破壊的イノベーション」と「新市場型破壊的イノベーション」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

ローエンド型破壊的イノベーション

ローエンド型破壊的イノベーションとは、圧倒的なシェアがあるローエンド層を獲得し、徐々にミドルレンジ・ハイエンド層のシェアを奪い、優良企業のシェアを獲得していくイノベーションです。
 
そのために、まずは低価格・簡便性を実現できる革新的技術を投入します。
   
「高機能すぎて使いこなせない」、「高額で手が出ない」というローエンド層のために、より低価格でシンプルな製品を提供します。

大企業は高品質製品づくりに必死なので、ローエンド型の破壊的イノベーターはローエンド市場を支配できるのです。

ローエンド層の圧倒的なシェアを獲得しながら改良を重ねていき、最終的には上位市場のハイエンド層にも進出してきます。
  
将来的に、高品質の製品を提供している大企業のシェアを奪うことが可能になります。

新市場型破壊的イノベーション

新市場型破壊的イノベーションとは、圧倒的な技術革新により、製品・サービスが全く新しい市場に参入し、全く新しい価値観を生み出すことです。

その市場にそれまでなかった新しい価値を提供することによって、シェアを獲得していきます。

破壊的イノベーションのメリット・デメリット

 破壊的イノベーションのメリット・デメリット
ここからは、破壊的イノベーションのメリット・デメリットを見ていきましょう。

破壊的イノベーションのメリット

従前の常識を覆すほどの画期的な技術の革新となる

自社に爆発的な利益を生むチャンスがある

新たな製品やアイデアが生まれる

既製品よりもよりコンパクトになり、製品やサービスがシンプルになる

新たな顧客層の獲得

取り扱い方法が複雑で製品を使いこなすことができなかった子供、女性、シニアも取り込める

モノやサービスを提供する事業者にとってビジネスチャンスが広がる

優れた技術力や創造力、柔軟な発想力が活きる

破壊的イノベーションに取り組む際の注意点

既存市場にシェアを持つ企業にとって脅威となる

企業の主力事業のシェアが奪われる可能性がある

主力事業からの撤退しなければならないリスク

既存企業にとっては脅威となる

破壊的イノベーションを生み出すために

破壊的イノベーションを生み出すために
携帯電話の圧倒的シェアを持っていた日本メーカーのガラケーは、スマートフォンの登場によりシェアが激減した例があります。

破壊的イノベーションを成功させるには何を意識すれば良いでしょうか?

経営者の意識改革

新規事業を立ち上げる場合は、経営者とビジネスリーダーが率先して意識改革を行なうことが大切です。

そして、従業員に対して変革のビジョンを発信することが求められます。

社員が破壊的イノベーションを実現するために試行錯誤できる職場環境の構築も欠かせません。

中途採用の強化

新たな価値を持った製品・サービスは、主力事業から撤退するリスク、産業構造を変化させる可能性があります。

企業は破壊的イノベーション成功のために、中途採用の強化して、従業員の雇用を維持することは必須です。

イノベーションを目的とした新しいチームの編成

新たなITを活用して、製品・サービスを革新するデジタルイノベーション、新しいチームの編成を行います。

経営者の間で問題意識の共有を行い、取り組みの方向性、課題、推進組織の明確化する必要があります。

製品やサービスの開発、業務プロセスの抜本的な見直し、事業や組織の再編成などが必要となれば、経営企画、財務、マーケティング、生産、研究開発など、組織横断的なチーム編成が求められます。

破壊的イノベーションの事例

 破壊的イノベーションの事例
破壊的イノベーションに成功した大企業の事例を見ていきましょう。

1. アップル

アップル社によるイノベーションから生み出されたiPhoneは、単なる携帯電話から小型コンピューターというコンセプトのもとで開発されました。

当時、スティーブ・ジョブズ率いる開発チームには
技術者、デザイナー、科学者、教育者、音楽家などさまざまな分野のプロが集結していました。

新市場型破壊的イノベーションは人々のライフスタイルを変化させる画期的な製品を生み出したのです。

2. 任天堂

初代ファミコンを生んだ任天堂は、「日本の家庭用ゲーム機」の代表格です。

DSなどのモバイルゲーム機もヒットしましたが、業績上方修正の大きな要因となったのは「スイッチ」です。

Wiiの最大の特徴は、従来のゲーム機と異なり、リモコンもコードもないので操作が簡単なので、子供や女性の顧客層を獲得しました。
 

3. SONY

ソニーの携帯式音楽プレーヤー「ウォークマン」が
世界的にヒットした理由は、家のステレオで音楽を聴く既存の顧客ではなく、歩いている人をターゲットとしたから。

好きな音楽を持ち運んで、移動中でもどこででも聴くことができるウォークマンは急速にシェアを拡大したのです。

4. Facebook

フェイスブック社「facebook」は世界中の人々のコミュニケーション、出会いのあり方を変えました。

実名での登録を義務づけることで、SNSの中でも好きな時に、好きな場所で安心して繋がることができるサービスとなっています。

5. Amazon

アマゾンは、ショッピング体験の領域において、まさに破壊的イノベーションの最先端に位置します。

1997年9月、米国で出願した特許「ワンクリック」を導入し、送り先の住所と支払い情報を事前に登録すれば、ボタン1回のクリックのみで買い物が可能になりました。

2017年8月、米国内の高級スーパー「ホールフーズ」買収して生鮮食料品の販売も始めています。
 

まとめ

破壊的イノベーションのまとめ

市場が飽和状態となっている中で、業界の常識を覆し、消費者や顧客に新しい価値を提供する破壊的イノベーションは大企業にこそ求められています。