勤怠管理アプリとは?導入の背景・メリット・おすすめアプリの紹介!

勤怠管理の記事 労務
勤怠管理アプリが注目されてきています。そもそも勤怠データとは給与計算の基礎となる重要な情報です。勤怠データの誤りは、給与計算の誤りに直結します。そうならないためにもタイムカードのようなアナログ管理ではなく、勤怠管理アプリによるデジタル管理が必要になってきています。本記事では勤怠管理アプリの導入の背景・メリット、そしておすすめアプリを紹介します。

勤怠管理アプリとは?

勤怠管理アプリとは?
勤怠管理アプリとは、勤怠管理をパソコン・スマートフォン・タブレット等におけるアプリで使えるようにしたものです。パソコン・スマートフォン等にアプリをダウンロードしておけば、場所を問わずに勤怠管理ができますしアナログと違って正確な管理ができるようになります。

勤怠管理アプリを導入する背景

勤怠管理アプリを導入する背景
勤怠管理アプリを導入する背景としては、働き方改革の推進による業務効率化、タイムカードのようなアナログの勤怠管理からの脱却が挙げられます。具体的に説明します。

働き方改革関連法案の施行

働き方改革関連法案は2019年4月に順次施行され、企業には働き方改革推進が求められます。労務担当者も同様で、少ない労働時間で付加価値を出し、労働生産性を向上させるためには勤怠管理のようなルーティン作業に時間をかけ過ぎる訳にはいきません。働き方改革関連法案の施行により、勤怠管理アプリの導入が求められるゆえんです。

タイムカードによる勤怠管理の限界

給与計算の基礎である勤怠データは、打刻の誤りや労務担当者の勤怠管理の誤りは給与計算の誤りに直結します。それを防ぐためには、アナログではなく勤怠管理アプリによって正確な打刻・管理を追求することが必要です。従来のタイムカードによる勤怠管理では打刻ミスがあったり集計ミスがあったりと、タイムカードによる勤怠管理では限界にきています。

タイムカードによるアナログの勤怠管理は、労務担当者が目視で管理をしなければならなかったり、手計算を強いられたりと、非効率な業務です。それを根本から変革していくために勤怠管理アプリの導入が期待されるということです。

勤怠管理アプリを導入するメリット

勤怠管理アプリを導入するメリット
勤怠管理アプリを導入するメリットとして以下の5つを紹介します。

労務担当者の業務効率化

勤怠管理アプリの導入の背景で述べた通り、働き方改革関連法案施行により労務担当者には業務効率化が求められます。ルーティン作業に割く時間をできる限り削減し、付加価値を高められる仕事に注力しなくてはなりません。勤怠管理は月末月初において多くの労働時間が割かれます。その時間を削減するために勤怠管理アプリを導入すれば、業務効率化することができます。

不正入力の防止

勤怠データは給与計算の基礎です。従って入力ミスはもちろんのこと、不正入力の防止にも努めなくてはなりません。タイムカードのようなアナログの勤怠管理では、不正入力をしたとしても労務担当者が気付きません。その点勤怠管理アプリを導入すれば不正入力を防止することができるので、労働者の正確な給与計算に繋げることができます。

多様な働き方への対応

働き方改革は一億総活躍を目指した政府・企業・国民が一体となった活動を言います。その一環として、会社に毎日出社して労務を提供するだけでなく、在宅ワーカーやパラレルワーカーのような多様な働き方にも対応していく必要があります。多様な働き方を実現するには、タイムカードによる勤怠管理はふさわしくありません。勤怠管理アプリを導入すれば、ネット環境さえあれば打刻ができるので多様な働き方に対応できます。

労働生産性の向上

勤怠管理は労務担当者だけでなく、管理職も行います。部下の勤怠を管理するのは上司だからです。勤怠管理アプリを導入し、アナログの勤怠管理を脱却すれば労務担当者、管理職の労働生産性を向上させることができるでしょう。

管理職を含めた全従業員の労働時間把握

働き方改革関連法案の施行により、企業には管理職を含めた全従業員の労働時間を把握することが義務付けられました。タイムカードでも月末に回収すれば労働時間を把握できますが、勤怠管理アプリを導入すればリアルタイムで労働時間を把握することができます。

勤怠管理アプリの選び方

勤怠管理アプリの選び方
「勤怠管理アプリを選ぼう!」と思ってインターネットで検索すると多くのアプリが表示されます。どれを選んだら良いか指標がないと分かりませんよね。ここでは勤怠管理アプリの選び方について説明します。

操作が簡単であること

勤怠管理アプリの導入のメリットに、業務効率化や労働生産性の向上がありました。これらのメリットを享受するには操作が難しければ成り立ちません。勤怠管理アプリを選ぶためのポイントとして操作が簡単であることが挙げられます。

セキュリティが万全であること

勤怠管理アプリはインターネットを介した勤怠管理ですのでデータの漏洩には気を配りたいところですね。勤怠管理アプリの選び方のポイントとしてセキュリティが万全であることが挙げられます。

多様な働き方に応じた使い方ができること

在宅ワーカーやパラレルワーカーのような多様な働き方に対応するために勤怠管理アプリを導入する企業があると思います。しかし、多様な働き方をしている社員にとって使い勝手の悪ければ、導入のメリットがありません。多様な働き方をしている社員が便利に使えるアプリを選ぶことが重要です。

おすすめの勤怠管理アプリ5選

おすすめの勤怠管理アプリ5選
おすすめの勤怠管理アプリを5つ紹介します。今回おすすめするアプリはどれも操作が簡単でありセキュリティに優れていますので、個々の特徴について解説していきます。

1.人事労務freee

人事労務freee は、勤怠管理の他に給与計算や労務管理(年末調整等)ができるアプリです。実は、メインは勤怠管理ではなく給与計算・労務管理なのですが、労務関連の管理が総合的にできるアプリなので信頼性が高いです。

2.jinjer勤怠

jinjer勤怠は、社員のモチベーションを可視化できるシステムを備えた勤怠管理アプリです。社員の勤怠管理をしてくれるだけでなく、社員のモチベーションを可視化しエンゲージメントやリテンション(雇用の維持)対策にも活用することができるアプリです。尚、アップルウォッチでも使えるアプリです。

3.クラウザ

クラウザは、勤怠管理を柔軟に行うことができるアプリです。実際に勤怠管理を使った利用者ごとに料金が発生するため、繁忙期に応じてアルバイトが増減する企業は費用を抑えて使うことができます。シンプルで操作がしやすいことが特徴です。導入時の初期費用が無料です。

4.ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理は、勤怠管理の他に工数やシフト管理までできるオールラウンドな勤怠管理アプリ。30,000社以上に使用されています。導入時の初期費用が無料です。

5.シュキーン

シュキーンは、打刻忘れを防ぐために専用機の傍を通るだけで勤怠の打刻をしてくれる便利なアプリです。外出先でもリアルタイムで勤怠状態を知ることができます。尚、シュキーンは導入時の初期費用が無料ではないものの、1ユーザーごとの月額200円と安価に抑えられています。

まとめ

勤怠管理のまとめ
タイムカードによる勤怠管理は、労務担当者や管理職の負担を高め、勤怠の打刻ミスによる給与計算の誤りを誘発します。勤怠管理アプリを使用することで業務効率化を高め、正確な勤怠管理に繋げていく必要があります。アプリを選ぶポイントやおすすめアプリを5つ紹介しましたので参考にして下さい。