コンフリクトとは?コンフリクトマネジメントを行うメリットや事例などを紹介

コンフリクトとは、職場で働く人たちの間で発生する様々な問題のことです。

そしてコンフリクトマネジメントは、それらの問題を理想的なカタチで解決するために生まれたマネジメント方法のこと。

この記事では、職場でコンフリクトが発生する原因や対処法、コンフリクトマネジメントを活用した問題解決方法などについて分かりやすく解説していきます。

ジョブくん
職場問題のベストな解決方法を知りたい人は、コンフリクトマネジメントにおける5つの解決パターンについてよく学んでおきましょう。
目次

コンフリクトとは?

コンフリクトとは?

コンフリクト(Conflict)とは、闘争・口論・対立・軋轢などを意味を持つ単語です。

ビジネス業界におけるコンフリクトの意味合いは、チームや個人間における意見の対立とイメージしておけば良いでしょう。

ジョブくん
多様な価値観を持つ人が一緒にプロジェクトを進める会社において、組織・チーム・個人など様々なレベルのコンフリクトが発生することは普通の現象と言えるでしょう。

コンフリクトマネジメントとは?

コンフリクトマネジメントとは、コンフリクトによって発生した問題を解決に導き、組織における成長促進剤にしてしまう方法を指します。

通常、組織内で起こる様々なトラブルはマイナスの効果しか生みませんが、コンフリクトマネジメントを上手に活用することで、問題を解決しつつ組織の成長をさらに加速させることができます。

職場で起こるコンフリクトは、個人間のいざこざから経営陣を巻き込んだ大掛かりな事件まで、幅広いレベルで発生します。

ジョブくん
それぞれの事例によってアプローチが異なるので、解決が難しいこともありますが、上手にコントロールできればピンチをチャンスに変えることもできるというわけです。

コンフリクトチェックとは?

ビジネスシーンにおける衝突や争いの原因を調査することをコンフリクトチェックと言います。

コンフリクトチェックで観察するのは、「人間関係の調査」「個人が抱える不平不満」「労働環境」など様々な項目があります。

コンフリクトチェックは、コンフリクトが発生する原因を事前に潰しておくための調査のような意味合いがあります。

コンフリクトチェックの項目は、「すでに発生したコンフリクトの事例から作成する」「事前報告から予想できる問題解決方法から考える」…など、職場の環境によって様々な方法が考えられます。

ジョブくん
コンフリクトチェックに絶対的な正解はありません。方法論に固執するよりも、職場(現場)で起きている問題や労働者の声に耳を傾けるほうが、良い解決方法を思いつく可能性が高まるでしょう。

コンフリクトが生まれる主な要素と種類

コンフリクトが生まれる背景としては、正社員・アルバイト・パート・派遣といった雇用形態の違い、就労経験や実力・スキル、年齢、性別の差が考えられます。

多種多様な人材が同じ方向を向いて仕事をしていればコンフリクトは減り、ストレスもなく、働きやすさも実感できるでしょう。

タスク・コンフリクト

意見がぶつかり合う理性的対立を「タスク・コンフリクト」と言います。タスク・コンフリクトは、主に立場や役割の違う人間関係で起こります。

リレーションシップ・コンフリクト

感情的な対立である「リレーションシップ・コンフリクト」は、人間関係の好き嫌いで起こります。

「リレーションシップ・コンフリクト」は感情による衝突なので話し合いだけでは解決せず、難易度が高いのです。

コンフリクトマネジメントを行うメリット

コンフリクトマネジメントを行うメリット

社内でコンフリクトマネジメントを導入する最大のメリットは、問題解決後にコミュニケーションがスムーズになることです。

では、その他のメリットも見ていきましょう。

1:不満や課題をしっかりと整理することが出来る

コンフリクトマネジメントは個々の不満を出すきっかけとなり、課題を整理することができます。

最終的に、誰でも意見をはっきり伝えられる職場環境となり、風通しがよくなるでしょう。

2:大きな問題になってしまう前に対策できる

コンフリクトを放って置くと問題が重なって、手遅れになってしまうことも…。

コンフリクトマネジメントを意識すると常に議論が活発化するので、大きなトラブルを防ぐことができます。

3:解決できると仕事がしやすくなる

社内で争いごとがなくなると、一人では気づかなかった新しいアイディアが生まれるのもメリット。

コンフリクトマネジメントが実現すると、誰にとっても仕事がしやすい環境になるのです。

コンフリクトマネジメントの理想的な解決方法は?

コンフリクトが発生した際の5つの対応

コンフリクトマネジメントの解決例を分類すると、これから紹介する5つのパターンに分けることができます。

ちなみに、コンフリクトマネジメントにおいて理想的な解決手段とされているのは1つのパターンのみ。

代表的な解決パターンのメリット・デメリットをよく学び、理想の解決方法に持っていくにはどうすれば良いかを考えてみましょう。

1:強制|立場の強い人が意見を押し通す

強制とは、職場で立場の強い人が自分の意見を強引に押し通してしまうことです。

個人同士だけで発生するものではなく、「チームと個人」「経営者と労働者」「上司と部下」「役職者と平社員」など、様々な構造で発生します。

上下関係が尊重されやすい日本企業では比較的よく見られる解決方法。

表面的な問題は解決したように見えますが、意見を通された側は確実な不満が残るので、後々大きな問題に発展しかねない解決パターンです。

2:妥協|お互いが相手の意見を尊重する

妥協とは、お互いが妥協点を探し合って折り合いを付けることです。

お互いの意見が平行線の場合、利益・主張などの項目で妥協できるポイントを探していく解決方法になります。

一見最良の手段に思えますが、お互いが納得していない状況で妥協点を探し合うので、双方に不満残りやすくなってしまうのがデメリットです。

ジョブくん
こちらも実際の職場ではよく見る光景ですが、コンフリクトマネジメントにおいては微妙な解決方法の一つになります。

3:服従|相手の言いなりになってしまう

服従とは、立場が強い人の言いなりになってしまうことです。

立場的に弱い人が早々に戦意喪失してしまうと、自分の主張を曲げて相手が言うことに従うYESマンが生まれやすい状況になります。

ワンマンな上司がいるチームではこのようなケースが起こりやすく、職場に恐怖政治が蔓延したり、アイデアや意見を通しづらい環境になったりすることがあります。

4:回避|問題を先延ばしにする

回避とは、お互いが意見を譲らず問題が先延ばしにされてしまうことです。

妥協とは違ってお互いが歩み寄らない状況なので、双方が不満を抱えたまま仕事を続けることになってしまいます。

問題がただ先延ばしされただけなので、後々大きな軋轢や内部抗争を生む可能性があります。

ジョブくん
コンフリクトマネジメントにおいては、強制や服従と並んで避けたい選択肢の一つ。問題が解決せずに物事が進んでいるので、ある種一番厄介な解決パターンと言えるでしょう。

5:協調|win-winの解決方法

協調とは、お互いが相手の意見に寄り添って理想の手段を追求することです。

妥協と状況が似ていますが、互いに納得したうえで話を進めていくのが大きく異なるポイント。

自分の主張を通しつつ、相手の意見も耳を傾けるので、双方が不満を感じにくい解決方法です。

コンフリクトマネジメントにおいては最良の解決方法とされており、職場で問題が起きたときは最終的にお互いが意見を協調できるようなシチュエーションに持っていくことが大切です。

コンフリクトマネジメントを行う際の注意点

コンフリクトマネジメントを行う際の注意点

ここからは、コンフリクトマネジメントを行う際に知っておきたい注意点を見ていきましょう。

必要性などについて全員が納得した上で行う

コンフリクトマネジメントは、全員が納得した上で行うことで初めて効果を発揮します。

コンフリクトマネジメントを導入する必要性については予め共有しておくことが大切です。

相手を尊重することを忘れない

お互いを尊重しあいながら、意見が一致している部分と違っている部分をはっきりさせていきます。

そのためには、相手の話をしっかりと聞く姿勢が求められます。

話し合う際に、しっかりとルールを設ける

コンフリクトマネジメントを始める前には、ルールをはっきりさせることも重要なポイント。

社員の理解を得るためにメリットを説明して、話し合い後の確認は忘れずに行いましょう。

コンフリクトマネジメントの事例

コンフリクトマネジメントの事例

ここからは、コンフリクトマネジメント導入における成功事例をご紹介しましょう。

事例1:大手製造会社向け 情報系システム再構築Prj

開発と運用の双方を一貫して行うシステム会社では、運用部門と開発部門・営業部門の間でコンフリクトがありました。

ある日、運用部門においてオペレーション障害が起こり、開発部門と営業部門は運用部門に対して反発。

しかし、運用部門にも新システムに不満があり二手に分かれて対立しました。

そこでコンフリクトマネジメントを実施したところ、運用部門は手動のオペレーションが負担になってる問題点が洗い出されたのです。

オペレーションの自動化や最新のマニュアルに修正することで、相互のメリットへ改善されました。

事例2:大手製造会社向け 基幹システム再構築Prj

業務を見える化させることで、基幹システムの再構築をしてリスクを最小化したケースです。

膨大なシステム仕様の検討により、保守費用の削減やシステムの複雑さを解消、システム品質の向上を実現しました。

コンフリクトマネジメントで職場問題を解決しよう

コンフリクトのまとめ

今回はコンフリクトマネジメントの意味や実践方法などについて解説しました。

コンフリクトマネジメントは、長期的なスパンで取り組むと効果が現れる手法です。

ぜひ、人事担当者の方は今後の参考に取り入れてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる