ベンチャー企業とは?働くメリット・デメリット、向いている人の特徴を解説

ベンチャー 企業の記事 経営戦略
ニュースや職場で耳にするベンチャー企業。大手企業で働くことが必ずしも安定とはいえなくなっている今、転職先の1つとしてベンチャー企業が注目されています。ベンチャー企業の定義、働くメリットやデメリットなどを解説します。

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業の意味や定義、他の企業形態との違いを解説します。

ベンチャー企業の意味・定義

ベンチャー企業に法律上の定義はありませんが、ベンチャー企業とは、成長過程にあり、新しい製品・サービス、ビジネスモデルなどを展開する企業のこととされます。企業規模は中小規模が多くを占めます。

かつての楽天やリクルートなどは、新しいビジネスモデルで市場を切り開いたことでベンチャー企業と呼ばれていました。現在、両社とも大手企業なのでベンチャー企業とはいいません。

ベンチャー企業と他の企業形態との違い

ベンチャー企業と似た言葉にベンチャー企業やスタートアップ、社内ベンチャーなどがあります。それぞれどんな違いがあるでしょうか?

中小企業との違い

中小企業は、中小企業基本法という法律に定義される企業規模が小さめの企業形態のことです。中小企業の定義は業種によって違い、サービス業その他なら「資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人」を中小企業と定めます。

中小企業は企業規模を表す企業形態なので、ベンチャー企業は中小企業の概念に含まれます。中小企業の中で、新しい製品・サービス、ビジネスモデルなどを展開する企業をベンチャー企業というのです。

スタートアップとの違い

スタートアップという企業形態もあります。スタートアップは、設立されて間もないベンチャー企業と呼ばれます。スタートアップが手掛ける事業は、新規に始められたビジネスが多く、成長の可能性を秘めています。一方で社員がたずさわる仕事は多岐に渡り、専業化されていない場合があります。

社内ベンチャーとの違い

社内ベンチャーとは、企業形態ではなく社内において新規事業を創り出すための組織のこと。企業ではありませんが、社内ベンチャーの新規事業が成功すると企業としても価値が高まります。リクルートのカーセンサーやスタディサプリ、サイバーエージェントのCygamesなどは有名ですね。

また、社内ベンチャーから企業が独立することも。三菱商事株式会社からは、Soup Stock Tokyoを運営する株式会社スマイルズが生まれています。

社内ベンチャーの記事

社内ベンチャーとは?制度・成功例・失敗例・向いている人の特徴を解説

ベンチャー企業で働くメリット

ベンチャー企業で働くとどんなメリットがあるでしょうか?

がんばった分だけ給与に反映される

ベンチャー企業は若く、成長が早いです。それだけ、社員のがんばりに対して企業が報いる給与体系を持っていることは魅力です。成果を出し続けた分、給与に反映されやすいメリットがあるのです。

個人の裁量が大きい

ベンチャー企業は部署が細かく分かれていません。意思決定も上司の指示を待っているのではなく、自分でどんどん進めなくてはなりません。逆にいえば自分の裁量で仕事を進めていくことができるということ。そのため、個人でやることが多く、裁量が大きいことがメリットです。

企業の成長スピードが速い

ベンチャー企業は、企業の成長スピードが速いこともメリット。ベンチャー企業は経営者の強いリーダーシップで経営されていくので、年単位で成長率が高まることもあります。成長スピードが速いと、社員の昇進・昇格も早くなることもありますから、やりがいがあることも魅力の1つですね。

経営陣にも意見を伝えやすい

ベンチャー企業は社員と経営陣の距離が近いことがポイント。大手企業で経営陣と社員とが気軽に話しにくいですが、ベンチャー企業なら経営陣の距離が近いので、やりたい仕事の提案ができたり、意見交換なども容易にできたりするようになります。

ベンチャー企業で働くデメリット

ベンチャー企業にもデメリットがあります。

人手不足である

ベンチャー企業は大手企業のように人材がいませんので、人手不足に感じられます。人手不足だと仕事量が多くなるので、1人に課される負荷が大きくなってしまいます。多くの仕事を効率的に回せる力量がないと、いたずらに残業時間が増えることになるでしょう。

福利厚生が未整備である

ベンチャー企業は、大手企業に比べて福利厚生が未整備です。家族手当・子ども手当などの各種手当、退職金制度、研修などの福利厚生が不十分である場合があります。ベンチャー企業は、新しいビジネスモデルはあるものの、事業が不安定であるため、経営者が人件費をきりつめようとするので福利厚生が未整備になりがちなのです。

組織風土になじめないことも

ベンチャー企業は経営陣との距離が近いです。ということは、良くも悪くも経営者のカラーが強いということ。そのため、組織風土にも経営者の価値観が表れます。経営者の価値観にそぐわないと組織風土にもなじめないことになりますので、長く勤務し続けられません。もしベンチャー企業に転職したいと思ったら、経営者の価値観についてはよく把握しておく必要があるでしょう。

ベンチャー企業に向いている人

ベンチャー企業の概要についてまとめてきました。ベンチャー企業で働きたいという思いが出てきた人もいるでしょう。ベンチャー企業に向いている人について確認していきます。

新しいことが好きな人

ベンチャー企業では社員の裁量が大きくなりがちなので、色々なことにチャレンジできます。保守的な会社では試せなかった提案も、ベンチャー企業なら可能になることも。新しいことにチャレンジすることが好きな人にベンチャー企業は向いています。

1から作りあげることが好きな人

ベンチャー企業の組織風土は企業によって異なりますが、クリエイティブな組織風土が多いです。開発部門はもちろんのこと、管理部門や営業部門であっても、自分で考え、作りあげることが求められます。つまり1から作りあげることが好きで、抵抗感を持たない人がベンチャー企業に向いています。

自律的に行動できる人

ベンチャー企業ではルールが決まっていないことが多いです。ルールは企業が用意してくれるものではなく、むしろ自分で作るもの。ルールがないからといって受け身的な態度を取るのではなく、自律的に行動して作ることが求められます。

自律的な行動はルール作りに留まらず、新規事業の提案や人材育成、組織開発に至るまで、自ら手を挙げる行為がベンチャー企業では推奨されます。企業が決めたレールを走っていきたいという人ではなく、むしろレールを作るために自律的に考え、動ける人がベンチャー企業に向いています。

急激な変化にも耐えられる人

ベンチャー企業の経営は常に安定しているとは限りません。経営が伸びたり、しぼんだりといった急激な変化があることも。急激な経営の変化に対してストレスを感じているようでは、ベンチャー企業で働くのは難しいといえるでしょう。

ベンチャー企業は、経営者の価値観によって会社の方向性が左右されます。例えば、新しいビジネスモデルが構築されたり、あるいは社内の仕組み・制度が変わったりします。それによって、企業の業績にも影響がもたらされるかもしれません。急激な変化に一喜一憂することなく、むしろ耐えられる人がベンチャー企業に向いています。

ベンチャー企業の見極め方

ベンチャー企業に転職しようと考えた時、自分に合っているかどうかの軸が大事になります。自分に適したベンチャー企業の見極め方を解説します。

企業のウェブサイトを見る

ベンチャー企業の組織風土は、経営者の価値観が色濃く反映されます。ですから、経営者が何を考えているかを知る必要があります。そのためには、企業のウェブサイトを見るのが鉄則です。ウェブサイトには経営者の企業理念の他、企業経営について大切にしていること、社員の人材育成についての考えなどが幅広く書かれています。

転職活動する上での企業研究のみならず、経営者の価値観を知るためにも企業のウェブサイトを見るようにしたいところです。

ビジネスモデルや経営理念に共感できる

転職活動する時は、職種、仕事内容、給与、勤務地などに配慮しますよね。あまり転職先の事業内容には関心を払わないかもしれません。しかしベンチャー企業は、業績の急激な変化もあり得ます。ですから、ベンチャー企業のビジネスモデルや経営理念に共感できることも確認しておいて下さい。

「このビジネスモデルなら続きそうだな」「経営者の経営理念なら、働いていきたいな」と思えるような、共感でき、将来性が高いベンチャー企業を選びましょう。

経営理念の記事

いまさら聞けない「経営理念って?」概要から作り方・例文まで徹底解説

自分のスキルが活かせる

ベンチャー企業では、転職者をじっくりと育てる余裕がない企業もあります。むしろ、自分から自己啓発して成長できる人材がベンチャー企業では求められますから、転職するなら、一目置かれるスキルを持っておく必要があります。人から注目されるスキルを持ち、スキルが活かせる企業を選びます。

スキルの記事

スキルとは何か?種類やスキルアップする際のポイントは?

まとめ

ベンチャー企業は、成長スピードが速く、社員にも裁量があります。クリエイティブな発想や自律的な思考・行動が求められるのがベンチャー企業です。ベンチャー企業に転職する時の企業選びの基準も紹介しましたので、参考にしてみて下さい。

社内ベンチャーの記事

社内ベンチャーとは?制度・成功例・失敗例・向いている人の特徴を解説

経営理念の記事

いまさら聞けない「経営理念って?」概要から作り方・例文まで徹底解説

スキルの記事

スキルとは何か?種類やスキルアップする際のポイントは?