バリューチェーンとは?意味や分析方法を分かりやすく解説

バリューチェーンの記事

みなさんはバリューチェーンという言葉をご存知でしょうか?
ほとんどの方はバリューチェーンという言葉を聞いたことがないかもしれません。
今回はバリューチェーンの言葉の意味や目的、メリットなどを詳しくご紹介しますので、今後のビジネスにお役立てください。

目次

バリューチェーンとは

バリューチェーンとは
そもそもバリューチェーンとは原材料を調達し製品を作り、顧客にサービスが届くまでの企業活動を一連の連鎖と考えることで、アメリカの経済学者、マイケル・ポーターが提唱した考え方です。
日本語に訳すと「価値連鎖」ということになりますね。
この言葉が表すように、原材料を購入しそれぞれの過程において価値をつけていくことが企業にとって主な活動であるという概念に基づいています。

バリューチェーン分析とは

バリューチェーン分析とは
では、バリュー分析とは何かと言うと、企業が顧客に対して提供する価値が具体的にどの活動や機能により構成されているのかを分析することです。
分かりやすく言うと、企業が提供しているものや持っているものに目を向けるのではなく、企業内部のつながり方、流れに目を向け分析することです。

バリューチェーン分析の目的

さて、バリューチェーン分析を行う目的は企業の内部でつながりや流れを分析することにあり、分け方にこだわるのではなくその場その場に最適な分析を行うことが大切です。

バリューチェーン分析のメリット

そんなバリューチェーン分析を行うことのメリットはまず、リソースを効果的に配分することができ、コスト削減につながるというのがあります。
たとえば、モノ、人、お金、情報やこれまでに蓄積したノウハウなど、企業経営において重要なリソースを効果的に配分することができます。
さらに、リソースを的確に使うことでコスト削減にもなり、それぞれの製品にかかるコストが少なく済むため、マーケットで優位なポジションが得られます。
さらに、バリューチェーン分析を行うメリットとして自社の強みや弱みを把握できるというのがあります。
バリューチェーン分析を行えば、それぞれのプロセスでどんな付加価値があるのか知ることができ、競合が車と比べた時にどんな強みや弱みがあるのか理解できるのもメリットです。
そうすれば、どのプロセスで勝負すればいいのかより具体的なことが理解できるようになるでしょう。
さらに、バリューチェーン分析を行えば、利益を最大化することもできます。

バリューチェーンとサプライチェーンの違い

バリューチェーンという言葉に対し、サプライチェーンという言葉がありますが、どんな違いがあるのでしょうか?
そもそもサプライチェーンとは製品を作る最初の過程から製品がお客さんに届くまでの流れのことを言います。
つまり、サプライチェーンは目に見えるものに視点を置いた考え方で、最初は何も存在しません。
最終的に製品がお客さんに届き、流通が終わり消費されるだけです。
つまり、最初無の状態から始まり、最終的に消費者の手元に届くまでの過程がサプライチェーンで、バリューチェーンとは価値に視点を置いた考え方と言うことになります。

バリューチェーン分析のやり方

バリューチェーン分析のやり方
では、具体的にバリューチェーン分析のやり方について分かりやすく順を追ってご説明しましょう。
まず、バリューチェーン分析を行うには業態や業界の標準的なバリューチェーンを決定し、表に書き出した上でそれぞれの過程での具体例を洗い出し、内容をグループ化する…という具合です。
そうすれば、重要な活動を把握でき、競争優位は何か見出すことができます。

バリューチェーン分析の注意点

そんな企業にとって非常に大切なバリューチェーン分析を行う際に注意すべきこととはどんなことでしょうか?
まず、バリューチェーン分析を行う際、それぞれの情報でプラスとマイナスの考え方が大切です。
プラスとマイナスの根拠となるものは競合企業と比べて導きだすことができます。
つまり、自社の事業だけリサーチしたところで、バリューチェーン分析を行うことは難しいです。
つまり、バリューチェーン分析を行う際は必ず他社の事業と比較することが大切なんですね。
また、バリューチェーン分析を行う際、企業の事業の価値やどう利益が発生しているか分析することが大切です。
つまり、自社の事業の強みや価値の仕組みがどこに存在するかリサーチするためのものですので、自社事業そのものの強みや弱点を判断することができません。
そのため、バリューチェーンにおいてそれぞれの機能の仕組みのメリットや機能同士どうすれば相乗効果を生み出せるかを分析すれば、自社事業の価値を生み出す方法や利益を生み出す方法を知ることができます。

効果的な分析を行うためのポイント

さて、効果的にバリューチェーン分析を行うポイントについてご説明しましょう。
バリューチェーン分析を行う際、自分のいる業界についての分析を行うわけなので、希望的観測や思い込み、先入観が入ってしまう可能性が高いです。
また、自分では気づかないような先入観が混じる可能性だってあります。
ですが、そういった思い込みが入ってしまうと最終的に的確かつ正確な分析ができなくなるため、客観的な視野で分析を行うことで効果的にバリューチェーン分析が可能です。
また、競合他社などのバリューチェーン分析を行い、自社のポジションや他社と比べ、どんな価値があるのかを知ることもバリューチェーン分析を効果的に行う上で大切です。

バリューチェーン分析を活用した具体例

バリューチェーン分析を活用した具体例
ここでは具体的なバリューチェーン分析で成功した企業の例を挙げてみます。

セイコーマート

北海道のコンビニチェーンとして知られるセイコーマートはバリューチェーン分析に成功した企業です。
ローソンやセブンイレブンなど全国的に知名度の高いコンビニより、北海道内では店舗数も多く北海道の人たちから支持されています。
このセイコーマートが北海道で成功した理由はバリューチェーン分析に成功したからだと言って過言ではありません。
たとえば、コンビニ業界では見かけたことのないチラシの配布や、スーパーなどが近くにない人のため、お総菜や日用品などを割安で提供しています。
さらに、北海道民に人気のホットおにぎりを提供しているなど、集中的に戦略を打っていることが成功した理由だと言われています。

スターバックスコーヒー

誰もが知っているスターバックスコーヒー。
この企業もバリューチェーン分析に成功した企業の1つです。
他のカフェチェーンと比べてスターバックスコーヒーの価格帯は割高ですが、それ以上に快適で上質な時間が過ごせるのは有名です。
その理由にお店の雰囲気づくりや豆へのこだわり、上質なサービスの提供などを実現した結果、ブランド化できたことが挙げられます。

オイシックス

最後はオイシックスです。
この企業は有機野菜などの食材を宅配するサービスを行っている企業です。
オイシックスは独自のバリューチェーンを持ち競合他社との差別化に成功しています。
競合他社と比べどんな差別化を行っているのかと言うと、安心で安全な食材という信頼を構築している、顧客の利便性、おいしさの実現という施策を打ち出していることです。
このような差別化を図ることでオイシックスにしかない価値を消費者に提供することができており、多くの消費者から支持され業績を大幅にアップしているわけですね。

まとめ

バリューチェーンのまとめ
バリューチェーンの意味や目的、メリット、成功事例などをまとめてみました。
理解していただけたでしょうか?
どの企業も質のいいものを消費者に提供しようと日々努力を続けています。
バリューチェーン分析について理解を深めれば深めるほど、なにげなくお店で手に取った商品もそんな努力の結果だと思え、今までと気持ちも変わってきます。
ぜひ、ビジネスを行う上で役立てていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる